FC2ブログ
2018/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
防災週間
9月2日 日曜
今日も山小屋に来ていますが、雨があがったので奥津温泉の道の駅へ。
300902-90
野菜と地卵を購入しました。
これで600円、高いか安いかは解りませんが新鮮なのだけは間違いなしです。

ところで昨日のTVで防災の日特集をやっていました。
300902-03
それがこれ、岡山の洪水をテーマにした、歴史家の磯田道史氏の基調講演とシンポジュウムです。
そこで中心に取り上げられたのが岡山藩初代、池田光政公と彼が登用した津田永忠(注)です。
津田永忠は光政公の命により、旭川放水路として百間川を作り岡山市内を洪水から防ぎました。

しかし50年に一度の大洪水は防げなかったそうです。
でも49年間の蓄えがあれば、ナントカ再起出来るであろう、という発想だったそうです。
そういえば高校時代、校舎に昭和9年の大洪水でここまで浸水した、という印がありましたが、軒の下くらいでした。
もちろん私の背よりははるかに高かったです。
この校舎、旧岡山第六高等学校(現 岡山大学)時代の建物でした。
当時の岡山第一中学(現 岡山朝日高校)はまだ岡山城内にありましたので。

300902-27
これが津田永忠が造った百間川、正面の山が備前富士と呼ばれる芥子山(けしごやま)です。
このあたりは河口に近いので水が溜まっています。

百間川の土手の西側にある
300902-09 300902-17
沖田神社には津田永忠も祀ってありました。

注:「ながただ」と呼ぶのが正式ですが、岡山人は親しみも込めて「エイチュウ」さんと呼びます。

この神社は児島湾干拓事業の、いわば記念碑です。
この沖 新田の干拓も津田永忠の仕事でした。
ところでこの百間川の東側から吉井川の西側まで

光津(こうず)
政津(まさず)
君津(きみつ)

と地名が並んでいます。
左側だけ上から読んで下さい。
そう
「光政 君」
なのです。
今回のシンポジュウムで初めて知りました。

日本のオランダと呼ばれる、岡山の干拓事業は宇喜多秀家の時代から始まっていたそうですが、
この話は改めてにさせて下さい。


スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード