FC2ブログ
2018/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
防災の日
9月1日 土曜
昨夜からこの週末は山小屋に来ています。
しかし夜来の雨、外に出られないので、ゴロゴロとTVを見たり本をよんだりのカウチポテトです。
300901-87
ところでこれを買ってきました。
定期購読はしていないので、興味のあった時だけですが。

今回の特集は実家の10大問題。
親が年老いて起こる問題を介護、相続、遺言などを中心にしたものでした。

それはそれとして、「倉敷の人気エリアに家を建てて被災した若者たち」という記事に目が止まりました。
真備町の不動産屋のAさんによると、「真備は倉敷市といえども安く、一番高いところでも坪15~16万円とかなりお買い得な場所でした」
1970年代に水島コンビナートに勤める多くの人が真備町に家を建てました。
今回被害にあった新興住宅地の住民は、その子供世代が「実家に近いし、土地も安いから」と新築した人が多かったそうです。
岡山の某ビルダーが、真備に200棟建ててその殆どが水没したという話も聞きました。
なんせ真備町の3割が水没したのですから、残りの7割は山林でしょう。

Aさんによると、真備は決して水害が少ないエリアでは無かったそうです。
過去にも小田川は何度も氾濫しています。
高梁川流域でも100棟以上浸水した水害はこの100年ほどの間に11回あったそうです。
本文では「土地の歴史を知ることがどれだけ重要であるかを今回の豪雨被害は地域に突きつけたのかもしれない」と締めくくっていました。

話は変わりますが、今朝の地元紙には防災の日特集で
300901-94
おかやま住宅工房が採用している「制震ダンパー」が紹介されていました。
建築基準法の耐震基準は、あくまで家が倒壊して人的被害が起きる事が無いような基準です。
被災後のことも考えて、これを採用させていただいております。

なお昭和56年の耐震基準改正前の住宅でしたら、耐震診断には補助金が出ますので、1万円の自己負担ですみます。
また耐震改修工事をした場合も、30~80万円の補助金が出ます。
ただし市町村によって内容が違いますのでお問い合わせ下さい。

話はまたまた変わりますが、午後から雨が小止みになったので奥津温泉へ行きました。
そこでこの記事を
300901-97
チッらと見ると、どう見ても犯人と間違えて、高校生を追いかけた警官の大失態と読めます。
しかし全部読んで見ると、その高校生は無免許、しかもバイクは盗難車、それでパトカーに追われて、信号無視や逆走をして逃げまくり、あげくの果てに自損事故をおこしたわけです。
まあスポーツ新聞だからこんな記事になるのでしょう。
一般誌ならこんなバカげた見出しはつけませんよね。



スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード