FC2ブログ
2018/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
大阪地震
6月26日 火曜
昨日は大阪地震からちょうど1週間、例の小学生が犠牲になったブロック塀で追悼式が行われていました。
当社の関連施設が気になったので、早速現地へ行ってみました。
300626-02
これは旧本社跡地を貸しているホームセンターです。
丁寧すぎるくらい控え壁が入っていました。
これなら大丈夫でしょう。

ただ町内のお寺さんの駐車場
300626-46
こちら側は大丈夫ですが

300626-42
反対側はいけません。
なぜ同じようにしなかったのでしょうか、疑問です。

話は高槻市の小学校に戻るのですが、あのブロック塀は誰が見ても、プールの目隠しにあとから増設されたものですね。
私の勝手な想像ですが、父兄からの要望で作られた、と考えるのが順当でしょう。
もちろん法規どうりにキチンとした施工をさせなかった、高槻市の責任はまのがれません。
ただそのへんの経緯をどこも報道していません。
絶対その予算がついたプロセスの記録が、残っているはずなのですが。

ところで昨日の日経の文化欄に「帰雲城」の記事が載っていました。
300626-002
天正13年11月29日(1586年1月18日)に東海、近畿、北陸をM8クラスの大地震が襲いました。
飛騨にあったこの山城は一瞬で崩壊、城主以下一族郎党は全員亡くなりました。
磯田道史氏によるとその後の歴史を変えた「天正大地震」でした。

前年の天正12年4月に小牧・長久手の戦いで家康は秀吉に大勝します。
しかし戦術的には徳川方が勝ちましたが、その後 織田信雄、石川数正が豊臣方につくなど戦略的には秀吉が優勢でした。
しかも徳川を再び攻めるため軍備を整えていました。
そこにこの大地震が起こったわけです。
そのため美濃の大垣城が焼失、近江の長浜城が水没しました。
軍隊の補給ルートが壊滅したのです。
秀吉は仕方なく家康攻略を諦め、妹や生母を人質に送ってまで講和をしました。
もしこの地震がなければ、ひょっとすると徳川幕府は無かったかもしれませんね。

大阪は地震のない所といわれてきました。
しかしちょうど10年後には伏見城が倒壊した「慶長伏見大地震」も起こっていますので、京阪神は決して安全地帯では無かったのです。
熊本地震もそうでしたが、現在の学術研究では地震予知は出来ない、と言わざるをえません。
大地震の都道府県別の確率マップが発表されましたが、熊本も大阪もハズレでしたね。
学者は研究費をしっかり貰っているので、「地震予知は出来ない」とは言えないのでしょう。
何か似たような話を聞いた事があります。
太平洋戦争に突っ込んだ日本海軍、「米国に勝つためにしっかり軍事費を貰っていたので、今さら『米国には勝てない』といえなかった。」

話は変わりますが岡山県では
300626-06
こなアニメ動画を立ち上げたそうです。
よろしければユーチューブの「晴れの国おかやまチャネル」からどうぞ。
スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード