2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
鎌倉に行きました
6月15日 木曜
明日の朝 羽田空港から札幌に飛びます。
そこで今日は東京に前泊。
朝イチにJR北鎌倉駅で降りると人でイッパイ。
290615-47
まずは目の前の円覚寺へ。
ここも総門の拝観受付から行列。
お年寄りと子供さんの遠足に外人さんです。
平日の朝ですよ。

290615-57 290615-61 290615-64
山門から仏殿へ。
珍しく内部撮影可。

290615-77 290615-88
方丈の勅使門、ケヤキの彫り物は見事の一語。

290615-54
これが方丈です。
この先にある舎利殿が国宝なのですが非公開だったのは残念。

290615-38
塔頭の仏日庵には北条時宗を祀ってある開基廟がありましたが

290615-27 290615-26 290615-34
同所にあったお茶室、待合はなかなかのものでした。

290615-60 290615-67
最後に弁天堂に登って洪鐘を拝見、国宝です。

290615-21
ところで御朱印をいただいたのですが、朱印帳を出すと1時間待ちと云われました。
まあ境内を参拝するのに1時間以上掛かったのでちょうど良かったですが。

290615-72 290615-80
次に縁切り寺として有名な東慶寺へ。
江戸時代、女性がここに逃げ込んで足掛け3年経つと離婚が出来ました。
ただ平成では老夫婦の参拝が多かった。
いわれはご存知だと思うのですが。
まあ最近は死後離婚もありますので。

290615-91
この後アジサイで有名な明月院へ足を向けると大行列。
300mほどの行列だそうで、紫陽花に興味は無し、どうなりゃと思い即Uターンして

290615-97 290615-98
建長寺へ。
巨に点があるのは間違いではなく正式な山号。
パソコンでは変換不能ですが。

290615-01
山門は総ケヤキ造りの立派なもの。

290615-08 290615-13
ここの梵鐘も国宝ですが、鐘楼も風情があって良いですね。

290615-19 290615-24
仏殿と

290615-31 290615-35 290615-38
その奥の法堂は重文です。

290615-44
方丈の唐門はご立派。

290615-64
これは方丈から見た唐門。

290615-71 
方丈、龍王殿のお庭も拝見。

290615-22
ここも1時間待ち、普通は目の前で書いてくれるのですが。
さすがは人気観光地、違いますね。
もう他のお寺での集印はやめときます。

建長寺から鶴岡八幡宮を素通りして鎌倉駅へ。
290615-85
そこからバスで大仏さんへ参拝。

290615-15
大仏さんから長谷寺へ。
ここもアジサイ寺で有名なのですごい人。

290615-02 290615-21
70分待ちの大行列。
整理券も貰ったのですが、興味が無いので

290615-23
由比ヶ浜と3丈6寸(9.18m)のご本尊(十一面観音菩薩)だけ拝まさせて頂きました。
建物自体は鉄筋コンクリート造だったので。

それにしてもどこに行っても人の多いのには往生しました。
やはり景気は良いのでしょう。
それと子供さんの遠足はともかく、ヒマなお年寄りがいかに多いかということですね。
かくゆう私もその一人であることに間違いは無いのですが。
















スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード