2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
GW後半ー7日目
5月7日 日曜
カミサンは今朝早く出ていきました。
なんでも友人と大阪に歌舞伎を見に行くそうです。
何時から始まるのと聞くと・・・?
どんな歌舞伎・・・??
誰が出るの・・・???
まあ友達の後ろを付いていくだけなのでしょう。
どうもよく解らない人です。
昨日も午後から雨という天気予報なのに、朝から一生懸命 庭に水を撒いていましたし。

290507-46 290507-39
お陰で朝はゆっくりとお散歩を。
ツツジが満開でした。

朝食後に次男一家は帰って行きました。
昼は三男一家と一緒にする予定なので、それまで一人でゆっくりと読書を。

290507-43
これは面白かったですよ。
ご存知のように、私は改憲論者で、皇室を敬愛し、靖国神社、伊勢神宮を始めとする社寺参拝大好き人間です。
これだけだと立派な右翼なのでしょう。
しかし自衛隊の存在は憲法違反だと思っていますし、反原発で再稼働には絶対反対です。
これだけだと立派な左翼でしょう。

かつて資本主義国の原爆はダメだが、共産主義国の原爆はイイと云っていた人達がいましたよね。
原子力という物理工学の部門に、イデオロギーを持ち込むのは如何なものか、と言うのが私の立場です。

以下目次のみ紹介します。

第1章 原発事故、そのとき何が起こっていたのか
第2章 原発を再開したい人たちの本当の理由
第3章 原発に反対する人たちの本当の理由
第4章 技術的、経済的に見た原発の真の必要性
第5章 事故で明らかになった政府、マスコミ、専門家の無責任体質
第6章 福島に帰ることができるのか
第7章 原発と日本の核武装の必要性
第8章 日本が原発事故を乗り越えるために

私は著者のことを環境問題の専門家だと思っていました。
実は原子力研究者だったんですね。
その著者が論点を解りやすく整理してくれました。
でも知れば知る程、何を信じて良いのか解らなくなりました。
やはり原発は再稼働させてはいけませんね。

*原発と日本の核武装
     原子力事業のタブーを明かす
著者  :武田邦彦
発行日 :2016年9月
発行  :詩想社新書
定価  :920円(税別)





スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード