2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
朝鮮半島
4月5日 水曜
290405-13
本日も20度越え、大学病院内のシダレザクラも一気に開花しました。

290405-16
西川緑道公園のサクラも。
ただここは岡山市内では例年一番早いのですが、今年は1週間は遅れました。

290405-28
今日はハルちゃんが来ました。
お腹の調子が悪かったそうですが、全然元気でよく食べていました。
母にいわすと、孫も可愛いのですが、曾孫はもっと可愛いそうです。
上は高校生から0才児まで8人います。
まあ私には曾孫の顔は無理でしょうが。

290405-33
ところでお隣の国には困ったものですね。
この人も5年後には、本人若しくは側にいる人が逮捕されるのでしょう。
向こうも日本はキライなのでしょうが、
こっちも嘘つき(慰安婦問題)の泥棒(竹島、対馬仏像盗難事件)と思っているので、なかなか歩み寄りが出来ません。
韓流ドラマやプロゴルフ、プロ野球などの交流や、個人的には良い人が多いのですが、国と国、民族と民族となると平行線です。
なんとかならないものでしょうかね。
感情で動くのではなく、冷静に理性的になってもらいたいものです。

290405-35
この本を紹介します。
著者は岡山大学大学院卒で現在 国立歴史民俗博物館 准教授で、
まだ42歳の若手考古学者です。

趣旨を紹介します。
倭一国だけ見ていると見えないことが、朝鮮半島という「外部」の目を使えば見えてくる。
・古墳時代の交流は、倭も朝鮮半島の国々も中央が対外交易を一手に掌握していたと考えられていた。
 しかし事実はもっと複雑であった。

・日本の古墳から朝鮮系の遺物が、朝鮮半島の古墳から倭系遺物が数多く出土する。
 のみならず、朝鮮半島南西部には倭独自の古墳である前方後円墳が築かれた時期さえもあった。
 両者の交易は多様で、その中心を担ったのは「中央」ではなく、大小様々な地方の勢力だったのだ。

・対外交易ルートをヤマト王権が掌握したのは、通説よりかなり遅い6世紀前半。北九州の「君主」だった磐井を倒したときだ。

表紙の地図のように南北を逆にすると見方が変わってきます。
古代は朝鮮半島と裏日本はまさに一衣帯水。
向こうからは裏が表に見えていたことでしょう。
ただ現代はミサイルで狙われています。
これが一番困った問題ですね。

*海の向こうから見た倭国
著者  :高田寛太
発行日 :2017年2月
発行  :講談社現代新書
定価  :880円(税別)

さて明日より少々お出かけをします。
9日(日曜)までお休みをいただき10日(月曜)から再開しますので、またよろしくお願いします。
スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード