2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
広島に行きました
2月11日 土曜
実は昨日は奈良から岡山を素通りして、広島へ行きました。
290211-24
午後からは日本合板商業組合(日合商)の中国支部役員会がありました。
夜は皆さんと懇親会も。
役員さんは中国5県にいるのですが、島根県は欠席。
鳥取県米子市の役員さんは来られたのですが、JRは大雪でストップ やもうえず車で。
それが家を出たのが朝8時で、到着は夜の懇親会にギリギリ。
普通なら3時間だそうですが、お昼ごはんも食べられなかったとのこと。
岡山は雪が積もるのは10年に1度、山陽と山陰ではこれだけ違います。

290211-03
ところで広島駅前に、再開発ビル、エキシティ・ヒロシマがプレオープンしていました。
手前が11階建ての商業棟、奥が46階建てのマンションです。
元々は愛友市場があった場所、言い方は悪いのですが、ゴチャゴチャしたところでした。
よく多数の地権者の同意が取れたと思います。

290211-09 290211-12 290211-14
1階にはその愛友市場にちなんだ「愛友ウォーク」がオープンしていました。
天井をわざと低くして、かつての雰囲気を演出しています。
規模は随分ダウンサイズですが。

290211-23
これが駅前から見た同ビル

290211-20正面にはこんな再開発ビルも。
さすがは広島ですなあ。

話は変わりますが、広島の建築物といえば何と言っても、厳島神社ですね。
あの海中に建っている大鳥居はただ置いてあるだけ、というのはご存知でしょうか。
別に海底を掘って埋めているのではなく、自重で立っているのです。
290211-02
そのへんのことにご興味があれば、この本をお薦めします。
著者は静岡理工科大学教授の物理学者ですが、多方面の著作があります。
同書では これ以外にも三内丸山遺跡大型掘建柱構造物、出雲大社本殿、元興寺極楽堂、禅堂、室生寺五重塔、薬師寺東塔、東大寺大仏殿、東寺五重塔などの話が多数出てきます。

むかし最後の宮大工といわれた西岡常一氏の話を聞いたことがあるのですが、古建築の技術、どうやって建てたか、の本当の事は解体しないと解らないそうです。
何百年も経つうちに技術の伝承が途切れたのでしょうか。
反対に20年ごとに式年遷宮を行う伊勢神宮は、ソフト、技術が伝承されました。
これも西岡棟梁の話では、20年がちょうど良いのだそうです。
10年では早すぎるし、30年だと途切れる可能性があるから、との事でした。

*「ハイテク」な歴史建築
著者  :志村史夫
発行日 :2016年9月
発行  :ベスト新書
定価  :815円(税別)




スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード