2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
命日
12月20日 火曜
281220-03
今日は亡父の祥月命日です。
お墓参りに行ってきました。

あの年は、年が越せるか、越せないか、ギリギリの状態でした。
葬儀の準備はすっかり出来ていたのですが、一番心配したのは、お正月にかかることでした。
本人も気を使ってくれたのでしょう、お陰で年内に済ますことが出来ました。
早いもので、あれからもう9年。
ついこの前のことのようでしたが。

281220-013
ところで本日はこの本を紹介します。
著者は、城郭考古学者で、先日は真田丸の発掘調査にも関与されていました。
本書は信長が産まれた勝幡城に始まり、那古屋城、清須城、小牧山城、岐阜城、安土城と城郭と城下町の変遷を紹介されています。
私は勝幡城以外全て行った事があるのですが、やはりメインは安土城でしょう。

281220-51
以前見たこの映画では、安土城が出来るまでが描かれていました。
但し著者は、これまでのイメージと違う安土城を陳べらています。
それは石垣の上にチャンと収まった姿では無く、「懸け造り」という姿です。
要するに清水の舞台のように、石垣からはみ出した形に木組みがあり、その上に天守が乗っているというものです。
学者らしい緻密な考察は説得力のあるものでした。
もしご興味があればご一読をどうぞ。

*信長の城
著者  :千田嘉博
発行日 :2013年1月
発行  :岩波新書
定価  :840円(税別)

281220-13
話は変わりますが、夜は取引先との会食のため岡山駅前に。
最近はもっぱら100円の巡回バスか、この路面電車を利用しています。
電車のほうが140円と少々高いのですが、時間が正確。
きっちり10分おきに来ますので。

281220-10
このポスターがありました。
面白そうなのですが、二の足を踏んでいます。
だってトイレが無いでしょうから。





スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード