2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
私の週末-1
10月29日 土曜
駅前のシネコンで映画を見ました。
例の「君の名は」です。
ジジイが一人で見るのには少し勇気が要りましたが、
あまりに評判なので。

しかし感動しました。
最後は思わず涙も。

こうしたタイムマシンで過去に戻り、現在を変えようとするのをモチーフにした映画は何本もありましたね。
例えば、ターミネーターとか、バックツーザフューチャーなどがそうですが、
アメリカ映画の荒っぽさに比べ、邦画の繊細なこと。

281029-01
さっそく原作も購入しました。
別に宣伝するわけではありませんが、確かに名作だと思います。
今でも余韻が残っています。

ちなみに飛騨地方が舞台となっていますが、美濃太田行きの電車に乗っていましたので、
長良川鉄道沿線の設定でした。

ところで夜は友人と一杯やってますと、例のカキとコケラの漢字の話が出ました。
ゴシック体でも明朝体でも判別出来なかったのですが、HGS教科書体にしましたら、
281029-18
このとおり。
カキは左で、右がコケラです。
ご参考までに。
スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード