2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
北陸に行きましたー8
281023--03
高岡駅の北側にある金屋町を歩きました。
鋳物師(いもじ)の街で、重要伝統的建造物群保存地区です。

281023--97 281023--16 281023--24
高岡鋳物発祥の地、石畳が美しいです。

281023--23 281023--25 281023--26
この街の特徴はこの千本格子。

281023--46 281023--48 281023--52
それとこの壁面に銅板が使用されている事。
他所ではあまり見ません。

281023--39
旧 南部鋳造所跡にはキューポラも。
大正13年築で有形登録文化財です。
でもこれってどこにあったと思います。
パチンコ屋の駐車場でした、といいますか鋳造所跡を購入したパチンコ屋さんが
これだけを残してくれたのでしょうね。

281023--61 281023--78
次は少し南下して山町筋へ。
ここは商人街で、明治33年に大火があり丸焼けに。
その為、再建には土蔵造りが奨励されました。
丁度日露戦争のころですね。
ここも重要伝統的建造物群保存地区です。

281023--42
重要文化財の菅野家住宅を見学しました。

281023--69 281023--66
このような防火壁が設けてあります。

281023--63
ここから上がらせて頂きました。

281023--54 281023--56
本床の床柱は黄楊(ツゲ)の四方柾という説明でした。
黄楊は硬いので、クシや将棋の駒に使います。
かつては絞りを彫って床柱にもしていましたが、四方柾は初めて見ました。

281023--50 281023--53 281023--47
壁が赤いのはベンガラ(岡山産)が混ぜてあるからで、柱、造作は漆塗りです。
天井板は屋久杉とのことでしたが、屋久は屋久でも古杉(樹齢1000年未満)ですね。

281023--60 281023--61
中庭までは見学出来ましたが、これ以上は非公開。
今でも個人の所有物で、一階の座敷だけ高岡市がお借りしているそうです。
こっちのほうが驚きです。

281023--82
次は高岡市土蔵造りの町資料館へ。

281023--12
旧 室崎家住宅で、市が寄贈を受け管理しています。
普通はこうゆう形でないと維持が出来ません。

281023--91
一階のお座敷は

281023--95 281023--93 281023--06
床の間、仏間と脇の間と並んでいます。

281023--04
ところで、この真中の柱、抜いても保つそうです。
5間(本間ですから10m)飛ぶんですがね。
もし本当なら、相当大きな梁桁が入っているのでしょうが。

281023--08 281023--89
ここから二階も拝見しました。

281023--86
二階の欄間は透かしでした。
こうしてみると漆塗りも綺麗ですね。

281023--37
筏井家住宅や

281023--31
井波屋仏壇店は外からだけ

281023--35 281023--65
こうした防火壁は旧家の殆どにありました。

281023--29
変わったところでは、今も使われている銀行の支店も。

281023--40
銀行の前のここは御車山(みくるまやま)会館でした。

281023--59
中には大きな山車が。
年に一度のお祭では7基の御車山が町を練り歩きます。

281023--47 281023--43
精緻な彫金技術の一端に触れる事が出来ました。

高岡市は何度も来ているのですが、いつも駅と工場の往復だけ。
街をうろつくのは夜だけでした。
でもこんなに見所イッパイ。
よろしければ一度じっくり見学されては如何でしょうか。

ー了ー
















スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード