2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
北陸に行きました-4
10月22日 土曜
281022-93 281022-77 281022-91
能登市門前町黒島へ行きました。
船主集落で重要伝統的建造物群保存地区です。

281022-93
まずは旧 角海(かどみ)家住宅へ。
明治初年に建築された廻船問屋住宅で重要文化財です。

281022-99 281022-14
入ると通り土間と、すぐ見世があるのは全国共通です。

281022-03 281022-11
見世の奥の座敷には金箔仏壇、天井竿、廻り縁は漆塗りと北陸独特の文化です。

281022-15 281022-18
広い茶の間があり

281022-21 281022-30
茶の間の奥に離れがあり

281022-25 281022-26
隣の「望楼の間」からは日本海が

281022-44 281022-42
台所の横の

281022-46
「下流し」は魚をさばいた場所です。

281022-49 281022-51
蔵は4箇所ありました。
これは「塩物蔵」で

281022-72 281022-69 281022-35
これは「家財蔵」三階建でした。

281022-75
これは母屋から海側を見たところ。
中の通路を「セド」といいます。

281022-63
これはその反対。
立派な住宅でした、ただこれだけ板張りが多いのは風対策でしょうね。

281022-94
街を歩くとこんな特徴的な家が。

281022-97 281022-98
千本格子にケヤキの戸板

281022-03 281022-05
黒瓦に出し桁、風よけの下見板です。

281022-08 281022-09
こんな商家も。
見世は土蔵造りですが、隣の蔵は下見板でスッポリ包んであります。
こうしないと保たないのでしょう。

281022-83
上から見ると黒瓦の家並みがきれいでした。

281022-17
ところで、さっきの角海家もそうでしたが、真ん中の道より海側の家は、みな海を背にして山側に玄関を持ってきていました。

281022-19 281022-23
山側の家は海に向かって玄関を造るしかないので、必ず風除室が設けてありました。

281022-84 281022-87
山のお寺も風除けをしてあります。

281022-86
鐘楼も三方を囲ったのもありましたが。

281022-92 281022-89
四方をすっぽりも。
冬は相当厳しいのでしょうね。
総持寺へは何度かお参りしたことがあるのですが、
ここは見逃していました。
もう少し早く来ておけば良かったです。

ー続くー

















スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード