2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
古代出雲を歩く-3
9月18日 日曜
28918-87
昨日は松江に泊まり、朝一に黄泉比良坂へ。
ここから5分ほど歩くと

28918-96
この巨石群へ。
ここは黄泉の国の入り口です。

28918-92
ところでこれが伊賦夜坂の行きがけ

28918-06
これが帰り道。
時間も場所も全く違うのですが同じような虫が写っていました。
全く存在に気がつかなかったのですが。
ひょっとすると黄泉の国への案内人だったのでしょうか。

28918-14 28918-22
次に熊野大社へ参拝。
出雲には一宮が二箇所あります。

28918-15 28918-42
これは由緒ある社です。

28918-12
熊野大社から川沿いに5分ほど上流へ行くと

28918-27
上の宮跡へ。
元来5社祭られていたのですが、下の宮(現熊野大社)に移されました。

28918-28
この裏にも、チョット見難いのですが巨岩が。

28918-35 28918-29
この岩陰から出るのが明見水。
眼病に効くとか、乳の出が良くなるといわれています。

28918-46 28918-48
こののち雲南市の須我神社へ参拝しました。
スサノオノミコトが八岐の大蛇を退治して、すがすがしい気持ちになった事からつけられました。
このように古事記や風土記の地名説話は、ほとんどダジャレの世界です。

ただここは本宮、ここから先2kmのところにある奥宮もお参りしなさいとありました。
天気もまだ持ちそうだったので意を決してお参りへ。
28918-54
残り400mまでは車で行けました。

28918-57 28918-58
残り200mで禊をして、不老長寿のお水も。

28918-65
ただ最後の100段ほど(数を数えるゆとりはありませんでした)はキツかった。

28918-67
これが御神体。
真ん中の大きいのがスサノオノミコト。
左がクシナダヒメ。
右の小さいのが子供さんということです。
ここも荘厳な神秘性を感じ、参拝してまいりました。

もうお解りのように古代出雲の信仰の対象は、こうした巨石、巨岩です。
拝殿だけで本殿が無いところもありましたね。
大和の桜井にある大神神社も拝殿だけ、御神体は三輪山そのものですから。
古代信仰にチョコットだけ触れることが出来ました。

このあと意宇平野を歩くつもりでした。
意宇(いう)は古代は「おう」と読みました。
地鎮祭などをする時、神主さんが神様が降りてくるときに「お~」と大声を出しますね。
あの「おう」だそうです。
但し須我神社奥宮を降りてから雨が本降りに。
急遽、中国観音霊場巡りに変更しました。

28918-77 28918-73 28918-14
雲樹寺と

28918-83 28918-84 28918-16
清水寺はいずれも安来市でした。
本日は予定の半分だったので、歩数は1万歩止まりでした。

ー了ー






スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード