2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
集団検診
4月11日 月曜
28411-13
今朝は35歳未満の集団検診がありました。
病院からバス2台で来てくれます。

28411-15
ここらの若い衆は健康そのもの。
それでもチェックはしておきませんとね。

ところで今日はこの3冊を紹介します。
池上彰が東京工業大学で講義したノートを元に著されたものです。
最初に大学で学ぶ意義として、「正しいこと」を自分で見つけることだ、とされています。
池上氏は昭和25年生まれで私の1級先輩です。
若い人はご存じないでしょうが、東大で安田講堂事件が起こり、東大の入試がなかった年が大学受験の世代です。
実際慶応に現役で入った同氏は、授業が無かったそうです。
逆に時間だけはたっぷりあったので、それをどう使うかは学生の自由でした。
そんな環境で学生生活を送ったから現在の同氏があるのかもしれませんね。

28411-49
以下目次の一部を紹介します。

はじめに    「学際的教養」のススメ
レクチャー 1 科学と国家  実は原爆を開発していた日本
レクチャー 5 企業      悪い会社、優れた経営者の見分け方
レクチャー12 アメリカ    大統領選でわかる合衆国の成り立ち
レクチャー14 北朝鮮    ”金王朝”独裁三代目はどこへ行く
あとがきに代えて
          「現代世界の歩き方」

*池上彰教授の東工大講義 世界編
  この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう
発行日 :2015年3月
発行   :文春文庫
定価   :510円(税別)

28411-51
はじめに    なぜ「現代史の学び方」なのか
レクチャー 1 原子力   事故からわかる「想定外」のなくし方
レクチャー 5 日米安保 米軍は尖閣諸島を守ってくれるのか?
レクチャー 8 教育    学校では教えない「日教組」と「ゆとり教育」
レクチャー15 政権交代 なぜ日本の首相は次々と替わるのか
あとがきに代えて
          失敗の歴史から学ぶこと

*池上彰教授の東工大講義 日本編
  この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」

発行日 :2015年7月
発行  :文春文庫    
定価  :510円(税別)

28411-52
はじめに    冷戦がわかると「この世界のかたち」が見えてくる
レクチャー 1 東西冷戦 世界はなぜ2つに分かれたのか
レクチャー 9 天安門事件 「反日」の原点を知っておこう
レクチャー13 EU     「ひとつのヨーロッパ」という夢と挫折
レクチャー14 9.11   世界はテロから何を学べる?
あとがきに代えて
          それでも未来へ進むために

*池上彰教授の東工大講義
  学校では教えない「社会人のための現代史」

発行日 :2015年11月
発行   :文春文庫
定価   :510円(税別)

池上彰氏より1歳若い私が大学に入った年は大阪万博の年です。
三波春夫が「1970年の~こんにちわ~」と唄っていました。
当時、関西でも学生運動はありましたが、東京ほどではなかったようです。
まして私の大学は関西のいわゆるボンボン大学、大変のんびりした校風ですべて自由でした。
勉強せず何年も留年する学生もいましたが、ゆっくり勉強ができる環境でした。
私は今でもこの時期、この大学で学べて幸せだったと思っています。
スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード