2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
引っ越し
4月4日 月曜
2844-19
今日からおかやま住宅工房にもデスクを構えました。
場所は豊浜町のホームセンターダイキの一角にあります。
ダイキも含め土地はすべて当社が所有しています。

2844-01 2844-04
この2階に会長室を。
午前中は本社に、午後はこちらに、というようにしようかなあ、と思っています。
これに野崎住建運送を加えた、グループ3社の会長なので。

2844-28
本日はこの本を紹介します。
まずは目次のみ

はじめに
第1章 縄文時代はどのように語られてきたのか
第2章 ユートピアとしての時代と階層化した社会のある時代
第3章 縄文時代・文化をめぐる諸問題ー時空間的範囲
第4章 縄文のキーワードー定住・人口密度・社会複雑化
第5章 縄文時代の死生観
おわりに

国立歴史民俗博物館、教授の著者は「はじめに」で、
縄文時代の概念は、あくまでも第二次世界大戦後に「新しい日本の歴史」を語る上で用意された、いわば政治的なものであり、国外では内容的にこれに該当するような時代・文化は存在しない、日本独自の極めてユニークなものなのだ、
と言われています。

私のつたない経験ですが、訪れた縄文遺跡を北からいうと
1、巨木文化の三内丸山遺跡(青森)
2、ストーンサークルの大湯環状列石(秋田)
3、火焔土器の馬高・三十稲場遺跡(新潟)
4、ヒスイの長者ヶ原遺跡(新潟)
5、黒曜石の鷹山遺跡群(長野)
6、土偶「縄文のビーナス」の尖石・与助尾根遺跡(長野)
7、環状盛土遺構の寺野東遺跡(栃木)
8、日本最大級の貝塚、加曾利貝塚(千葉)
9、日本考古学の出発点、大森貝塚(東京)
10、世界最古の土器ともいわれる「豆粒文土器」の泉福寺洞穴(長崎)
11、日本最古、最大級の集落の上野原遺跡(鹿児島)
などがありますが、
これを一括りに縄文時代と云っていいのかな?という疑問はずっとありました。
それに答えてくれる一書でした。
ご興味のある方は是非どうぞ。

*つくられた縄文時代
   日本文化の原像を探る

著者  :山田康弘
発行日 :2015年11月
発行  :新潮選書
定価  :1,300円(税別)

2844-26
ところで、本日は孫娘の1歳のお誕生日。
早いものですね。
東京在住ですので、東京での会議などは出来るだけ都合をつけています。
そうなんです、会議より孫の顔を見たいのです。
なにはともあれ、健やかに育ってもらいたいものです。

スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード