2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
木材市場
3月11日 金曜
ナイス岡山市場で、第39回ナイスふれあいフェアが開催されました。
28311-002 28311-005 28311-007
明日までの2日間開催されます。
朝から大勢の参加者で賑わった会場でした。

28311-06
話は変わりますが、本日はこの本を読みました。
これも目次のみ紹介します。

第一章 大うつけの正体
第二章 勝利を創りだした信長脳
第三章 苛烈・残虐の真相
第四章 天下統一への道
第五章 本能寺の変の神話を暴く
第六章 天下統一の先に求めたもの
第七章 なぜ本能寺で討たれたか

昨日紹介した「本能寺の変431年目の真実」の続編です。
よくいわれるのですが「勝者の歴史書」という言葉をご存知でしょうか。
歴史書は勝ち残った勝者が書かせたものだ、という意味です。
古くは日本書紀がそうですね。
壬申の乱で勝ち残った天武天皇が書かせたものです。
ということは当然、勝者である天武天皇の価値観のフィルターがかかっているわけです。
明智光秀もそれに勝利した羽柴秀吉が書かせた歴史書(この場合は『惟任退治記』)の視点が
後世に大きな影響を与えています。
それをいかに排除するかが問題ですね。

ところで信長が生き残るために「大うつけ」を演じていたという仮説は如何なものでしょうか。
私は反抗期の少年にありがちな行動、単にツッパていただけ、と理解しています。
その証拠には、その時期が済んだら、すんなり立派なお殿様になっています。
そこまで深読みをする必要は無いのでは、と思いますが如何でしょうか。

本書も一つの仮説として、興味深く読ませて頂きました。
興味がお有りの方は是非どうぞ。

*織田信長 433年目の真実
        信長脳を歴史捜査せよ!
著者  :明智憲三郎
発行日 :2015年7月
発行  :幻冬舎
定価  :1,200円(税別)

28311-03
少しお知らせが。
おかやま住宅工房では来週末に完成現場見学会を開催します。
会場は岡山市南区東畦です。
おかやま住宅工房らしい白と黒の外観の和風のお住まいです。
勝手ながら駐車場の関係でご予約を頂いています。
詳しくはHPを御覧ください。


スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード