2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
東京大空襲の日
3月10日 木曜
明日は東日本大震災の日ですが、昭和20年の今日、東京がB29の大空襲により焼きつくされました。
その犠牲者は10万人、被災者は100万人を越すといわれています。
民間人を無差別殺人した立派な戦争犯罪です。
と同時に今日は日露戦争の奉天大会戦で、ロシアに勝利した日でもあります。
戦前は陸軍記念日でした。
もちろんその日を狙って空襲を仕掛けたのはいうまでも有りません。
東日本大震災と1日違いなので、どうしても埋没してしまいそうですが、
日本国民として永く記憶にとどめるべき一日だと思います。

28310-02
話は全く変わりますが、今日はこの本を読みました。
いつものように目次のみ紹介します。
第一部作り上げられた定説
 第1章 誰の手で定説は作られたか
 第2章 定説とは異なる光秀の経歴
 第3章 作られた信長との不仲説

第ニ部 謀反を決意した真の動機
 第4章 土岐氏再興の祈願
 第5章 盟友・長宗我部の危機
 第6章 信長が着手した大改革

第三部 解明された謀反の全貌
 第7章 本能寺の変はこう仕組まれた
 第8章 織田信長の企て
 第9章 明智光秀の企て
 第10章徳川家康の企て
 第11章羽柴秀吉の企て

第四部 叶わなかった二つの祈願
 第12章祈願「時は今あめが下なる五月かな」
 第13章祈願「国々は猶のどかなるとき」

著者は作家でも、学者でもありません。
大手電機メーカーの元情報システム担当者。
退任後、軍記物の資料を排除して、第1級史料を読み解きながら執筆されました。
明智光秀の子孫だそうです。
確かに大胆な推理で面白かったです。
全て正しいとは言いかねますが、一つの仮説としては拝聴の価値があったと思いました。
ある意味情況証拠の積み上げなのですが。

その一つの仮説として、羽柴秀吉が明智の謀反を知っていたというのがあります。
情況証拠としては、「中国大返し神業説」です。
6月2日の本能寺の変を3日夜に知った秀吉は、4日に毛利と和睦。
6日備中高松城を引き払い、7日に姫路城に着いています。
この移動距離80km、しかも当日は台風並みの大雨だったそうです。
完全武装の兵士が時速4kmで20時間ぶっとうしに歩けたでしょうか。
ご興味が有る方はぜひどうぞ。 

*本能寺の変 431年目の真実
著者  :明智憲三郎
発行日 :2013年12月
発行  :文芸社
定価  :720円(税別)

28310-01
少しお知らせが。
おかやま住宅工房では、この週末に完成現場見学会を行います。
会場は岡山市北区庭瀬です。
今回は茶室とインナーガレージの組み合わせという異色の現場です。
勝手ながら駐車場の都合でご予約を頂いています。
詳しくはHPを御覧ください。

スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード