2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
完成現場見学会ナウ-2
ところで本日の現場は秀吉の水攻めで有名な高松城のすぐそば。
2835-84
車は高松城跡に置きました。
正面の山の上が秀吉の本陣があった石井山。

2835-96
駐車場の前が清水宗治の切腹の地です。

2835-25 2835-15 2835-13
本丸跡にはその首塚が移されていました。

2835-34 2835-32 2835-38
石井山の麓には築堤の跡が残っています。

2835-52
ここから石井山に登ってみました。

2835-63 2835-60 2835-68
本陣跡には元の首塚もあり、高松城も眼下に見えました。
実は今日行った所は全て初めてです。
ふだんは日本中を周って偉そうな事を云っていますが、岡山市内でも盲点はいっぱいありました。

2835-37
このあと支城を巡って見ました。
これは高松城の北、足守にある冠山城跡。

2835-25 2835-28
高松城の南西、足守川河畔にある日幡城跡。
この川東には加茂城があったのですが、現状では痕跡は不明でした。
母の実家があり、よく行っていたのですが。

2835-16 2835-02
最後に一番南の庭瀬城跡へ。
ここには父の実家がありました。

ところで本能寺の変の後、秀吉がいわゆる「中国大返し」をした時、毛利はなぜ追撃しなかったのか、がよく問題にされます。
歴史作家の加来耕三によりますと、その時毛利側に付いていた岡山の地侍(国人、国衆)の8割が秀吉に寝返っていたそうです。
それで追撃しようにも出来なかったと云うのが、真相だそうです。













スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード