2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
新見に行きました
2月14日 日曜
取引先にご不幸があり新見市まで行きました。
28214-19 28214-21
本日の葬祭場は中央商店街の中。
新見は城下町なので、町中にこのような屋敷跡も残っています。

28214-14 28214-15
先日の宮島にもありましたが、この覗き見用の出窓が面白かったです。

話は変わりますが、岡山県には個人名のついた駅が2つあります。
1つは智頭急行智頭線の「宮本武蔵駅」。
もう1つが新見駅より3つ岡山よりの伯備線「方谷(ほうこく)駅」です。
いま岡山では、この駅名の元となった「山田方谷」を主人公に大河ドラマの制作を、と働きかけている人がいます。

でも山田方谷と云って、ピンとくる岡山人は少ないでしょう。
私も江戸時代に備中松山(高梁)藩の藩制を改革した人、という程度の認識です。
昨日お話した池田光政公のほうが、よっぽど面白そうと思います。

名君とうたわれた光政公には面白い話がいっぱいあります。
家臣の津田永忠を取り立てて、干拓事業、閑谷学校、後楽園の建設を行わしました。
本人も儒学を学び、質素倹約をモットーとした政治家でした。
今風にいえば、売上を伸ばし、経費を削減して、社員教育に取り組み、メセナ活動もした名社長、という感じです。
ただ今残る肖像画を見ても、お世辞にも美男子とはいえなかったようです。
奥方(千姫の娘)が、うちの殿様がもう少しイケメンだったら、と嘆いていたという話が残っています。

二代目の綱政公は、お母さん似だったみたいです。
父と違い和歌、絵画などを愛する文化人でした。
後楽園もこの殿様が完成させました。
ただ女クセが悪く、まわりの女性には手当たり次第手を出したそうです。
磯田道史の「殿様の通信簿」によりますと、公儀隠密のレポートには「魯にして愚」とボロカスに報告されています。
隠居した父から使いが来ても、どうせまたお叱りの使者だと、仮病を使って合わなかったと徹底しています。

この親子を中心に、小牧・長久手の戦いから5代の池田家、それに荒木又右衛門、津田永忠などを組み合わせれば
面白いドラマが出来そうな気がするのですが。
どなたか書いてくれませんかね。

28214-22
そんな事を考えながら岡山へ帰り、夜は同窓生のチュウさんと一杯。
昨年高校を卒業以来45年ぶりに再会。
これからは、たまには一緒にやることとしました。





スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード