2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
九州へ行きました-2,その1
1月20日 水曜
281,20-38 28120-43
博多から薩摩川内市へ行きました。
まずは新田神社に参拝。
ここは薩摩国の一宮です。

28120-42 28120-45
主祭神はニニギノミコトで、その御陵の前に神社があります。

28120-78 28120-76
このあと薩摩川内市入来町へ移動。
入来麓武家屋敷群があり、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

28120-26
この入来支所の裏山が清色(きよしき)城跡です。

28120-09
樋脇川が外堀の役目もしますが、交通の便も担っていました。
船着場の跡なので「船瀬跡」。

28120-93
川の石でこうした石垣を。

28120-22
武家屋敷の跡が多数あります。

28120-20 28120-14
このように直線的には入って行けません。
「枡形小口」といいます。

28120-17
建物は床下の通気に気を配っています。

28120-11 28120-95 28120-41
こうした石垣に包まれた武家屋敷群を「麓(ふもと)」とか「外城(とじょう)」といいます。
薩摩、大隅で百数十あったそうです。
半農半武士で、いわゆる郷士ですね。

28120-82
旧 増田家住宅を見学しました。
重要文化財です。

28120-51 28120-57
母屋は連棟式になっており、ジョイント部には竹樋が。

28120-58
お風呂とトイレは独立してあります。

28120-49
蔵の中は展示室になっていました。

28120-70 28120-72
座敷もあげてもらいました。
床脇が折れ曲がりになっている珍しい造りです。

28120-76
武家屋敷ですが、薩摩では天井竿は床刺しに入れます。

28120-64 28120-67
板の間からは段差が。

28120-68
お医者さんが使っていたそうで、ここはさしずめ待合室。

28120-63 28120-60
土間と囲炉裏のセットがいい雰囲気でした。

*旧 増田家住宅
住所:薩摩川内市入来町浦之名77
電話:0996-44-4111
入場:無料

28120-37 28120-39
清色城は元々の城主は入来氏。
それが島津に征服され鹿児島に住まわされました。
そのため入来での住まいは「お仮屋」と呼ばれました。
今は小学校ですが。

28120-98
清色城跡へも行って見ました。

28120-00 28120-01
このように大きな堀切が左右に。

28120-04
これを登ると本丸まで行けるそうなのですが、昨日来の雪のせいで
(鹿児島でも山は真っ白で、峠はチェーン規制が出ていました)
足元が悪くここでUターンしました。

ー続くー












スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード