2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
伊勢路-1、その2
281,10--94 281,10--98 281,10--89
午後から伊勢市から松阪市に移動。
街を歩きました。
松阪は木材の集積地でよく来ました。
が夜はともかく昼間はお城に行ったことがある程度。
ご存知松阪商人の発祥の地でもありますので、今でもこのような商家の跡があります。

281,10--94 281,10--91
ここは三井家発祥の地。
三井は山持ちでもあり三井物産林業(現 物林)もあります。

281,10-91 281,10-92
それともう一つ忘れてならないのが本居宣長。
古事記伝を書いたので有名です。

281,10--84 281,10--03
松阪商人の舘(旧 小津清左衛門家住宅)を見学しました。

281,10--07 281,10--63 281,10--64
のれんをくぐると土間が奥まで通っています。

281,10--60 281,10--62
天井板はなく吹き抜けです。

281,10--11 281,10--06 281,10--61
道に近い方から見世、奥見世と商売のスペースがつながります。

281,10--31
表座敷です。

281,10--35 281,10--34床柱自体はどこにでも有りそうな物ですが、釘隠しが良いですね。

281,10--32 281,10--42
欄間も。
これだけ開口部が広いと冬は寒そうですが。

281,10--41 281,10-53 281,10--40
奥座敷からは中庭が。
濡れ縁はケヤキで、軒垂木は丸太と角材がリャンコに使ってありました。

281,10--19 281,10--21
茶の間は数寄屋風で天井竿が晒竹です。

281,10--50
内藏は展示室になっていました。

281,10--68 281,10--69
外から見た内藏ですが、この多数の金具何のために?

281,10--82
向座敷も拝見しました。

281,10--72 281,10--73
こちらは比較的新しそうな感じでした。

281,10--77
ただ杉柾天井の修理した部分だけが板目でした。
秋田杉の柾目の天井板だったら、いくらでもあるのですがね~。

ところでこの小津邸の元の持ち主は、今でも東京で紙問屋を営んでいます。
日本橋本町で、伊藤忠建材の本社が前に入っていた、小津産業ビルがそれです。

*松阪商人の舘
住所 :三重県松坂市本町2195
電話 :0598-21-4331
開館 :9:00~16:30
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
入館料:200円

ー続くー
















スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード