2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
祥月命日
12月20日 日曜
271220-01
本日は亡父の祥月命日。
もう8年経ちました。
妹が帰省してきましたので、母と姉を誘って墓参を。
キョウダイ揃ってのお墓参りはお葬式以来です。

ところで妹は心理学者。
小さい頃から将来ノーベル賞を取ると云っていました。
大学に入り心理学の道に進むと決めたとき、母に謝ったそうです。
「ごめんよ、ノーベル心理学賞は無いんよ」と。
まああの子は本気じゃったんじゃ、と呆れていましたが。

そんな少し天然なところもある妹ですが、それでも大学教授。
自閉症とか発達障害が専門らしいです。
詳しくは知りませんが。

271220-02
ハルちゃんも曾祖父さんのお参りに来て、木魚を叩いてくれました。
ということで、児童心理学者の大叔母さんとも初のご対面。
みんなの愛情をたっぷり受けて、すくすくと成長しています。

271220-16 271220-18 271220-22
このあとは一人で駅前の岡山シティミュージアムへ。
岡山市埋蔵文化財センター特別展「直弧文の世界」を見学しました。

271220-36
これは造山古墳の陪塚、「千足古墳」の石障(レプリカ)です。
この直弧文が大きな話題となりました。

271220-28
楯築遺跡から出た特殊器台・特殊壺は弥生時代後期のもの。

271220-30
円筒埴輪は古墳時代前期のもので、それぞれ直弧文が掘られています。
こうして並べて見ると、特殊器台から円筒埴輪への流れがよくわかります。

271220-34 271220-33
今城塚古墳の家形埴輪(左)と日傘の埴輪(レプリカ)にも同様に。

271220-40 271220-39
盾形埴輪(左)や、矢を入れるツヅラの埴輪にもありました。

吉備の文化と九州、近畿の文化とのつながりを考えられさせる興味深いものでした。
1月24日まで開催中ですので、興味の有る方はお早めにどうぞ。

*「直弧文の世界」ー千足古墳の文様が語る倭の歴史ー
会場 :岡山シティミュージアム4F
会期 :12月18日(金曜)~1月24日(日曜)まで
休館日:年末年始、月曜(祭日の場合は翌日)
時間 :10:00~18:00
入館料:無料





スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード