2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
爆買い
12月11日 金曜
271211-02
本日はこの本を紹介します。
まずは、いつものように目次のみ

第1章 趙正出生  ー生誕の秘密(1歳)
第2章 秦王即位  ー帝王誕生の拝啓(13歳)
第3章 ロウアイの乱ー彗星は語る(22歳)
第4章 暗殺未遂  ー刺客の人物像(33歳)
第5章 皇帝巡行  ー「統一」の実像(39歳)
第6章 中華の夢  ー長城と焚書坑儒(47歳)
第7章 帝王の死  ー遺言の真相(50歳)
第8章 帝国の終焉 ー永遠の始皇帝

著者は中国古代史専門の大学教授です。
今まで秦の始皇帝といえば、司馬遷の史記でのイメージしか有りませんでした。
これが最近の調査で、同時代の竹簡が多数発掘され、新たな実像が浮かび上がって来ました。
それをベースに書かれている本なので、今までと違う始皇帝が見えてきますよ。

かつて中国の陝西省西安で、始皇帝陵と兵馬俑坑を見学したことがあります。
そのスケールの大きさには圧倒されました。
目下東京国立博物館で「始皇帝と大兵馬俑」展が催されています。
この本を読まれてから、見学されては如何でしょうか。
来年2月21日までです。

*人間・始皇帝
著者:鶴間和幸
発行日:2015年9月
発行:岩波新書
定価:800円(税別)

271211-24
話は変わりますが、今朝の読売にこんな記事が。
東京新橋の岡山県のアンテナショップを免税店にするそうです。
中国人の「爆買い」がターゲットです。
今年の流行語大賞にもなりましたが、どうも「爆買い」を勘違いしているようです。
私は「爆買い」を個人輸入だと思っています。
中国では日本からの家電製品の輸入関税が高いのです。
確か50%くらいのはず。
ですから流通経費も含めると、おおかた倍くらいになります。
例えば10万円の炊飯器を中国で買えば20万円に。
ですから10万円のものを土産だと称して、5つ買って帰り、仮に15万円で転売できれば25万円儲かります。
日本への旅行費用くらい充分まかなえるということです。
ですから、転売しやすい家電製品、化粧品を大量に買っていただけるわけです。

岡山県の特産物は転売出来ないと思うのですが・・・

271211-04 271211-05 271211-07
話は変わるのですが、今日もハルちゃんが来ました。
這って行って、上の棚からエアコンのリモコンをゲット。

271211-09
なんじゃろうか?としばらく考えていましたが

271211-13
ケータイだと認識しました。
大人のすることをよく見ていますね~。
この子は天才じゃないでしょうか。
そうですジジ馬鹿です。

ところで明日から今年最後のお出かけをします。
16日(水曜)から再開しますので、少しの間ゴメンナサイ。


スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード