2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
忘年会
12月8日 火曜
岡山県不動産協会の法定研修会がありました。
271208-04
当社からは私以外にも2名参加。

271208-004
本日の演題は「空き家対策と中古住宅の流通活性化について」でした。
どうせ退屈な話だろうと思っていましたら、その通り。
このテーマなら講師より私のほうが話せます。

と云うことで2時間のセミナーの間にこの本を読みました。
学生時代によくやっていた内職というやつです。

いつものように目次のみ紹介します。
第1章 イスラム過激派の脅威とドイツ
第2章 ドイツ人はどのように過去と対決しているのか
第3章 歴史リスクを重視するドイツ、軽視する日本
第4章 ドイツ経済の奇跡
第5章 日独エネルギー政策の違い

先日紹介した「ドイツはなぜ、1年150日休んでも仕事が回るのか」の著者です。
271208-10
昨日の日経にもこんな記事が。
ドイツの一人あたり平均年間労働時間は日本より350時間短い。
それなのに1時間当たりの労働生産性は日本の1.5倍。
だそうです。

それと本書はまたテーマが違うのですが、同じ敗戦国として戦後どのように過去を整理してきたか、考えさせられる一書でした。
ドイツは敗戦後憲法(基本法)を数十回(58回)改正して、今はシリアへも派兵しようとしています。
立派に国際社会での責任を担っています。
またエネルギー政策でも独自の立場をとり、ある意味世界の最先端を行っています。
経済でもEUではまさに一人勝ち。

271208-08 271208-09
日経でもこんなメルケル率いるドイツに焦点を当てだしました。
昔は冗談で今度やるときはイタリア抜きでやろうと云ったものでしたが、今は完全に置いておかれています。
政治、経済、外交、エネルギー政策などなど、もっとドイツに学ぶべきではないでしょうか。

*日本とドイツ ふたつの「戦後」
著者:熊谷 徹
発行日:2015年7月22日
発行 :集英社新書
定価 :740円(税別)

それでも歴史問題に関しては、ドイツは全てヒットラーのナチスが悪かった、で済みますから楽ですよね。
日本は天皇には戦争責任は有りませんので。

271208-30
夜は、おかやま住宅工房の忘年会へ。
会場は隣のカニ甲羅です。

271208-33 271208-34
社長、専務が挨拶をしたあと私が乾杯。
その後、事業報告があり

271208-38 271208-37
ビンゴ大会へ。

271208-44 271208-41
LIXILの担当者や、当社中島(右)のわけの解らない余興も飛び出し

271208-53
監督さんたちとも、痛飲した一夜でした。
まあそれでも今年も何とか好業績を維持出来ました。
来年も頑張って下さい。









スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード