2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
広島に行きました
11月25日 水曜
中国タイガー会の役員会が広島でありました。
271121-01
本日は少し毛色の違うこの本を読みました。
岡山、広島は「のぞみ」だと40分程度。
この手の新書本は1時間あれば読めますので、往復でちょうど1冊。
いつものように目次のみ紹介します。

第1章 有休30日、消化率100%・・・
     でも仕事が回るドイツの働き方
     ドイツでは仕事は「人」でなく「企業」につく
第2章 休みが多いのにドイツ経済は絶好調!のなぜ?
     ”いま”より”未来”を見すえた改革
第3章 日本の1,5倍!ドイツの高い労働生産性の秘密
     「その仕事は、かけた時間だけの成果を期待出来るか」
第4章 アメリカ型資本主義は目指さない!
     ドイツの「社会的市場経済」
     ドイツが実証した、借金なき経済成長
第5章 短い労働時間、高い生産性の一方・・・
     ドイツ流の問題点
     ドイツではサービスよりも価格の安さ
第6章 報われる働き方のためにー
     日独”いいとこ取り”のススメ
     日本人が取り入れたい、ドイツ流・報われる働き方

著者は元NHKの職員で今はフリージャーナリストとしてミュンヘンに在住しています。
以前読んだ本に、「ギリシャよりドイツの方が労働時間が短い」という記述がありました。
そこで興味があったので読んでみましたが、目からウロコの話もあり面白かったです。
情報の共有化など、当社でも試みてはいるのですが、どうしても社員が自分で抱えてしまいます。
国民性もあるのでしょうね。

ドイツでは法律で一日8時間労働制が厳しく守られているそうで、
部下を長時間労働させた上司に100万円の罰金が課せられたことも。
要するにダラダラ仕事をせずに、時間内に集中したほうが生産性が上がるということです。

いつも思うのですが、いつ見ても喫煙室でタバコを吸っている社員がいます。
仮に1回5分だとし、1日20本吸えば100分はロスしています。
このロスした時間を給料から差し引いてやりたいのは山々ですが、やってはいけないのですよね。

以前にも紹介したことがあるのですが、こんな小話をご存知ですか。
川で溺れている子供を見たら、
イギリス人には「飛び込んで助けるのが義務である」、と云えば飛び込みます。
アメリカ人には、「飛び込めばヒーローになれるぞ」。
でドイツ人には、「法律に飛び込めと書いてある」と云います。

ちなみに日本人にはこういいます。
「みんな飛び込んでいるぞ」

*ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか
著者:熊谷 徹
発行日:2015年8月15日
発行 :青春新書
定価 :880円(税別)

271125-55 271125-12 271125-24
話は変わりますが、平和大通りで「広島ドリミネーション2015」が開催中でした。

271125-46 271125-37 中々良いものでしたよ。
来年1月3日まで開催していますので、機会があればおでかけください。




スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード