2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
お勧めブック-3
271013-41
本日はこれを紹介します。
著者は東京大学史料編纂所教授。
歴史学者ですが、時々大河ドラマで時代考証として名前が上がっています。
一度注意してみて下さい。
今の「花燃ゆ」は承知していません。

これも目次だけ紹介します。
第1章 戦いは、なぜ起きたのかー関ヶ原考①
第2章 直江状に、家康は怒ったかー関ヶ原考②
第3章 天下統一とは何かー関ヶ原考③
第4章 官兵衛は軍師だったのか
第5章 女城主と日本無双の勇将
第6章 前田はなぜ100万石なのか
第7章 信長・秀吉・家康の夫人くらべ
第8章 城と命運をともにー女たちの戦国①
第9章 危機一髪の逃避行ー女たちの戦国②
第10章厚遇と冷遇の境界線ー論功行賞
第11章鳥居対井伊ー譜代の争い

とこれだけ見ても面白そうでしょう。
第1章では小早川は本当に裏切り者かと疑問を投げ掛けています。
実は小早川秀秋は関ヶ原のあと、八丈島に流された宇喜多秀家に代わって岡山城主になっています。
先日の岡山城でのお祭りでも、宇喜多秀家の名前は出て、八丈島からの出展もありましたが、
小早川秀秋の名前は全く有りません。
と云うか殆どの岡山人は、小早川秀秋が岡山城主であったことを知らないと思います。
多分裏切り者というイメージからと思いますが、これを読むと少しは変わるかもしれませんね。

第7章ですが、徳川家康は若い頃は後家さん趣味で、若い女子には殆ど見向きもしていません。
それが晩年突然ロリコン趣味になります。
徳川御三家を産んだ側室達はみなティーンエージャー。
家康から見ると孫の歳です。
実はどこかの戦いで戦死をして、影武者が家康を演じたという小説(漫画だったかも知れません)を目にしたことがありますが・・・

これもあまり難しく考えず、楽しんでお読み下さい。

*戦国武将の明暗
著者:本郷和人
発行:新潮新書
発行日:2015年3月
定価:760円(税別)

話は変わりますが、明治2年創業の本屋さんへ行きました。
271013-000
いつもは文具は100円ショップでしか買わないのですが、確かにここの文具コーナーの商品は良いですよね。
この小物家具は先日講演会で聞いた静岡のあのメーカーのでしょう。
OEM先の名前は一切出ていませんでしたが。

今までは、
「良いけど高い」と思っていました。
これからは
「高いけど良い」と思うようになりました。

ー続くー


スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード