2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
名古屋に行きました-2
5月15日 金曜
27515-87
名古屋城の本丸御殿の復元現場に行きました。

27515-95 27515-0
まずは現場事務所で元請けゼネコンの所長さんから説明を。
約1000坪の本丸御殿を、3期に分け、9年掛かりで元の形に復元します。
総工費150億円ですから、坪にすると1,500万円。
さすが名古屋の衆は、やることが どえりゃあです。

27515-16 27515-13 27515-14
続いて加工場を見学。
見えている範囲だけで、ン億円の材木です。

27515-33
第2期の対面所、台所の工事現場を案内してもらいました。

27515-18 27515-21 27515-44
梁丸太もヒノキです。

27515-31 27515-48
屋根工事をしていました。
杮葺きの作業も、ところで柿(コケラ)が何枚使われていると思われますか。
正解は、この大屋根なら片面だけで25万枚だそうです。
全部で何枚になるのでしょう、しかも25~30年程度しか持たないそうです。

27515-52 27515-54
2013年から公開されている第1期の玄関、表書院へ。

27515-56 27515-36
土台を見てください。
普通は礎石を平らに削るのですが、石の形に土台を加工しています。
大変手間のいる作業です。

27515-70 27515-58
中での説明では、柱は内地ヒノキ、造作材は木曾ヒノキが中心とのことでした。

27515-74
ただ床板一つにしても、中杢で柄を揃えていました。

27515-75 27515-86
「玄関一之間」です。奥に行くほど仕様が良くなり、釘隠しが使われだします。

27515-97 27515-07 27515-08
「表書院」です。

27515-84 27515-00
畳縁の柄を見てください。
ジョイント部分で柄が揃っているのが、お解りいただけますか。
畳屋さんが徹夜で作成したそうです。

27515-62
天井も竿縁天井から

27515-12
格天井

27515-15 27515-14 27515-13
小組格天井と奥に行くほど手が込んできます。

27515-23
上段の間は折り上げ小組格天井でした。

27515-17 27515-20
框も真ん中に杢が乗っています。

27515-32 27515-24
床板は「桑」です。
よくこんなものが有りましたね。

27515-42
車寄せの柱の太さは1尺以上ありました。
すべて芯去りの、太鼓柾か三方柾の三面無節以上。
丸太の直径は5尺(1,5m)以上は必要でしょう。
よくこれだけの材料が揃いました。
来年には第2期が完了しますので、また見学に来ます。

ー続くー
















スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード