FC2ブログ
2019/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
山口から帰りました
7月20日 土曜
本当はこの週末は山口の萩市、長門市を歩くつもりでした。
ところがご存知のとおり台風接近中、大雨、洪水、雷の注意報、警報が発令中。
山口ならいつでも来れますので急遽キャンセルしました。
なおホテルもレンタカーも当日キャンセルでしたが、こうゆうときはキャンセル料は不要でした。

ところで明日は参議院選挙の日ですね。
参議院は衆議院のカーボンコピーとかよく言われます。
全く同じことを二回もするからです。
いつも思うのですが、参議院は良識の府として、政党色を薄め、衆議院をチェックするのが、本来の役目ではないのでしょうか。
どうも今の姿は創った当時の目的と乖離しているように見えます。
そこで私の参議院改革案をご披露します。

1,被選挙人の年齢制限を上げる
現在 参議院は30歳ですが、これを40歳に上げる。
要は政治家ではなく学識経験者を集めたいのです。
衆議院は逆に25歳を18歳に下げる。
選挙権が18歳以上でしたら、被選挙権も同じでいいのではないのか、と思います。
差をつける理由が見つかりません。
10代の代議士が誕生すれば、きっともっと盛り上がる選挙になりますよ。
将棋や囲碁でも10代のプロが誕生しているじゃないですか。

2,選挙区定数は各都道府県につき2名とする
選挙が終わると、どうせまた一票の格差を巡った訴訟が起きるでしょう。
いっその事、こうしてしまえば格差なんて関係ありません。
確かアメリカ上院議員はこうだったはず、ただし逆に衆議院の小選挙区は格差が出ないよう厳密な区割りをします。
選挙民の意思の代表は衆議院だけで良いのではないでしょうか。

3,比例代表は廃止する
政党色を排除するために、各界からの推薦で参議院議員を決めてはどうでしょうか。
選挙で選ばず学識経験者を求めます。
現在いろんな審議会などの委員がどうゆう基準で選ばれているかは、知りませんが、概ねそうゆうイメージです。
学者、経済界はもちろん労働界、教育界など広い分野の学識経験者を任命すればどうでしょうか。
もっともスポーツ界や芸能界からは要らない、と思うのですが。

以上私の意見を政財界に働きかけて見ようと思っています、もっとも私の影響力があるのは製材界だけなのですが・・・

よざんごとですが、日本のように投票用紙に名前を書かす国は少ないのではないでしょうか。
諸外国に比べ我が国の識字率が圧倒的に高いからでしょうが、選挙区はマークシート方式にしたらどうでしょうか。
もちろん電子投票も検討すべきです。
無効票や疑問票も減るでしょうし、何より集計がものすごく効率的になると思いませんか。

スポンサーサイト



*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

最新記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード