FC2ブログ
2018/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
東京に行きました-2、その1
3月29日 木曜
今日は茨城県を歩いてみました。
まず行ったのは笠間市にある笠間城、続・百名城です。
300329-29  300329-40
大手門から櫓跡へ

300329-49 300329-56 300329-57
さらに天守台跡へと登ると、ここには小さな神社があり

300329-61
笠間市内も一望できました。
中世の山城ですが、関東では珍しい石垣造りでした。
ここまで下から30分、ちょうどよい山登り。
途中には、赤穂城に移封される前の浅野家があったので、大石家の屋敷跡や、坂本九の疎開先などがありました。

300329-06
ところで今朝はまず笠間稲荷神社に参拝、ここから山頂まで歩きましたが、日本三大稲荷の一つとのこと。
岡山では京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷、それに岡山の最上稲荷なのですが。
諸説あるようです。

300329-64 300329-63
次に茨城町の小幡城跡へ。

300329-65 300329-81
関東ローム層の台地の上に、空堀や土塁が縦横にめぐらされています。
石垣はありませんが、堀の底から見ると二階の屋根より高いので、登るのは至難の業です。

300329-87 300329-88
本丸も土塁で囲まれており、井戸もありました。
典型的な関東のお城といえます。

ー続くー






スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

東京に行きました-2、その2
茨城町から土浦市に移動、上高津貝塚遺跡へ行きました。
300329-18 300329-17
丘の上に縄文時代の貝塚や土壙墓、住居跡がありました。

300329-07
これは貝塚の断面カット展示。
発掘された貝殻、魚の骨などから、当時の霞ヶ浦が内海であった様子が良くわかります。

次に土浦城へ。
ここも続・百名城で土屋氏が明治まで藩主。
300329-31
西櫓と

300329-46 300329-68
東櫓が復元されており、東櫓は内部も拝見出来ました。

300329-39
櫓門は関東では唯一現存するものです。

このあと隣の博物館も見学。
全く認識がなかったのですが、土浦は打ち上げ花火の町でした。
実は土浦には親戚があるので、ずっと以前に一度だけ来たことがあります。
ただしそのときはとんぼ返り、花火大会でもあればもう一度来てみたい小さな城下町でした。



*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

最新記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード