2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
土地問題を考える-6
8月29日 火曜
290829-17
町内にこんな家があります。
まあこうゆうお家に住みになりたかったのでしょう。
お気持ちは大変良くわかるのですが

290829-02
こうゆうロケーション。
裏通りのさらに路地を入った所です。

290829-86
これは県北の山小屋の近所。
昨年火事で焼けた家を建て替えました。
蔵だけ残ったのですが、以前は蔵と似合う入り母屋の家でした。
どこにどんな家を建てようが個人の自由なので、特に何も申し上げることはありませんが、
あの家とこの家が入れ替わっていれば・・・

ところでそろそろ土地問題を整理してみようと思います。
空き家問題と、宅地、農地、山林と別けて考える必要があるでしょうね。
290829-02
これは日曜の産経の記事。
空き家問題については、政府も色々手はうって来ていますので、これ以上は触れません。

第一に空き地の問題はやはり相続登記の義務化しかないと思います。
相続が発生して一定期間(30年とか50年)未登記の場合、その土地の使用権を政府、または地方自治体へ移管してはどうでしょうか。
最終的には所有者不明の土地は国有地にするしかないのでは。
ただこれは資本主義の根幹に関わる問題ではあるのですが。
また政府が個人から土地の寄付を受け付けることを、制度化出来ないのでしょうか。
現状は税金が減りますし、管理コストが発生するので、道路用以外は受け付けてくれません。
例の森友学園の豊中の国有地は、伊丹空港への航空路上なので、国としては一刻も早く払い下げたかった、という話を聞いたことがあります。(真偽の程は?ですが)

第二に農地ですが、これは企業(株式会社)の所有を認めざるをえないと思います。
現状は、これこそ岩盤規制で認められていません。
理由は農地以外に転用するとか、儲からないと耕作放棄地になるとかです。
しかしそもそも転用は法律で規制出来ますし、耕作放棄地は今でもどんどん増えています。
私が素人なりに考えても、農業従事者の高齢化に加え、小規模零細な農家の多さがあげられるのでは。
株式会社化して大規模集約、高度機械化しないと日本の農業の生き残りは難しいのではと思うのですが。

第三の山林が一番厄介でして、これの解決策はいくら考えても出てきません。
もちろん相続登記の義務化をすれば一定の効果はあると思います。
ただ農地とか宅地であれば、たとえその土地を見たことがない子孫でも場所の特定が出来ます。
山林の場合は、それが大変難しいのです。
山林の場合の隣地との境界は、大概の場合、山道、大きな木、岩とかです。
何十年も経てば道も変わり、木や石も解らなくなります。
ですからいくら権利書があっても現場でここからここまで、と言う事が困難です。
しかも隣地の地権者の所在すら解らない場合も多いのです。

唯一その山林にいつ頃 何を植えたか、と言う事が解れば手がかりになります。
290829-88
これは私の山小屋の前の山林ですが、一番右端の山裾に植えてあるのは、スギの30年生ぐらい。
真ん中から左奥に植えてあるのは、スギの40~50年生。
その手前の川裾にはヒノキの50~60年生です。
中に入ると大変なのですが、ドローンでも飛ばして上から見るとある程度解ります。
ただそれも記録があればの話。

所有者不明の山林は、結局は国有林にしてもらうしか手がないのでは、と思うのですが。
放置すると治山治水の面でも問題がありますので。
スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

土地問題を考える-5
8月28日 月曜
290828-14
先日 大学病院前の清輝橋商店街を散歩していましたら、空き店舗を解体中でした。

290828-28
何が建つのかなと今朝通ると駐車場に。

290828-30
この商店街は殆どシャッター通りと駐車場です。
ここはむかしケーキ屋さんがあったのですが。
私の同窓生は何人もこの商店街にいたのですが、親の跡を継いでいるのは誰もいません。

290828-10 290828-08
戸建ての借家の空き家も大変多いのですが、最近はアパートや低層のマンション、駐車場への建替、転用が増えてきました。

290828-04
町内にこんな借家の空き家がありましたが

290828-14 290828-06
この一帯の解体工事が始まりました。
どうやらマンションが建つようです。

290828-01
ただ私の町内では、空き家がリフォームして転用されたのは、この一軒だけ。
ヘルパーさんのステーションになりました。

290828-02 290828-03
今日はこの本を紹介します。
まずは目次の一部を

第一章 マイホームが危ないー空き家になる戸建て、負動産化するマンション
      親の郊外戸建てなんて欲しくない
      「負動産」になるマイホーム
      隠れ「空き住戸」がマンションを蝕む
      2022年を境に、不動産マーケットは様変わりする
第二章 「マイホーム信仰」の正体ー私たちはなぜ「家」を買うのか?
      プロは「建物は有限である」と考える
第三章 マイホームの大転換ー「家」で稼ぐは、住み倒すか
      「貸すマイホーム」にはチャンスがある
      DIY住宅で住み倒す
      
著者は不動産アドバイザー。
かつて「空き家問題ー1000万戸の衝撃」「2020年マンション大崩壊」などの著作を読んだことがあります。
これを読むと新築マンションを買うのをためらう人が相当出るでしょうね。
だってどんな立派なタワーマンションでもいつかは建替の時が来ます。
そこまで行かなくても、大規模修繕も必要。
タワマンのエレベーターの改修には億単位のお金がいるそうです。
また戸建ても貸せる家を建てないと、というご意見です。

290828-15
そう言えば町内にこんな家があります。
車庫は自家使用ではなく、貸し駐車場です。
むかし一時お世話になりましたが、そのときの料金は12,000円でした。
5台は置けるのですが、今の相場は6,000円です。
はたしてこれで良かったのでしょうか?
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

土地問題を考える-4
8月27日 日曜
今朝は県北の山小屋に行きました。
290827-06
朝だと1時間半で着きます。
何度も紹介したように限界集落の見本のような村です。
ざっと見て3分の1は耕作放棄地。

290827-11
山小屋の前の3反ほどの田んぼは老夫婦が耕作していたのですが、農業法人に売却。
田植えも、稲刈りもトラック2~3台で大型機械を持って来て、7~8人でやるので、半日もかかりません。
そりゃあ三反百姓が田植え機やコンバインを、それぞれ持つのも非効率ですよね。

290827-25
今は誰も通らなくなったこの道を行くと

290827-23
この家に住まわれていました。
部落の人の話では、お爺さんは亡くなり、お婆さんは施設に入っているそうです。
子供さんは車で30分ほどの津山市におられるのですが、もうこの家には帰って来られないでしょうね。

そろそろ そもそもこうした限界集落を維持する事の意義を、検討すべき時期に来たのではないでしょうか。
10数軒のために、道路の維持、冬季の除雪、電気、水道などライフラインの整備が必要です。
市街地の便利の良い所に移住してもらうことは出来ないのでしょうか。
分散から集中して、コンパクトシティ化を、地方自治体は目指さざるをえないと思うのですが。
以上は「未来の年表」にあった「戦略的に縮む」からの発想です。

もっとも そうゆう所が好きで来ているのですから、私の考えと行動は一致しません。

290827-16
今日はこの週刊誌を読みました。

PART1は我が家の賢い選び方
PART2は老後の住まいの探し方
です。
最後に、「空き家の悩み 広がる解決策」も紹介されていました。

先日 義弟一家が東京から来ました。
奥さんのお父さんが亡くなられたので、お母さんは東京に引き取り、兵庫県の実家を整理したそうです。
その整理した荷物を岡山の実家に納めたのですが、オイオイ次はどうするの?です。
本人はもう東京に家がありますし、子供達もみな東京住まい。
岡山の実家はいつまでも、空き家で物置代わりで良いのかい?
まあ場所が良いんで、いざとなれば駐車場にでもなりますが。

290827-003
これは先日の日経の1面です。
これはこれで やらないよりやったほうが良いのは間違いないのですが、
問題は所有者不明や、権利者が多すぎて特定出来ない空き家だと思うのですが。

290827-80
ところで昨夜はカミサンと二人でボッタクリ居酒屋へ。
看板娘のヨウコちゃんが着ているのは24時間TVのTシャツです。
私はこの善意の押し売りのような番組はあまり好きではないのですが、昨日から走っていたブルゾンちえみは岡山の出身です。
しかも私がかつてPTA会長をした大安寺高校の出身。
ここから国立大学にいっているので、そこそこ勉強は出来たのでしょう。
それにしても まあご苦労さんなことです。

290827-82
話は変わりますが、今夜はこの小鰯の煮付けで少々。
新鮮で身別れもよくとっても美味しかったのですが、広島なら絶対刺し身で食べるでしょうね。
岡山では刺し身にはしません。
同じ瀬戸内海に面していても、小鰯の煮付け文化の岡山と小鰯の刺し身文化の広島とこれだけ違います。
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

土地問題を考える-3
8月26日 土曜
今夜はハルちゃんの保育園で夏祭りがありました。
290826-21 290826-56
まずはお遊戯が、今回はお猿さんの格好です。

290826-58 290826-63
その後は縁日へと変身。

290826-65 290826-74 290826-68
輪投げや射的でオモチャをゲット。
周りの方が一生懸命です。

290826-11
ところで今日はこれを読んでみました。
今月の特集は「捨てられる土地ー登記しない地権者、ツケを払う次世代」です。

PART1 所有者不明だらけの日本国土 いらない土地の「行き場」がない

このパートの担当は吉原祥子氏、昨日紹介した本の著者です。
事例としてこれをあげられています。
左下の系図を見てください。
290826-03
ある地方自治体が192㎡(約58坪)の土地を道路として取得しようとしたが、三代にわたり相続登記がなされていませんでした。
その結果150人もの相続人を特定し、やっと取得出来たというものです。

ぞくにお役所仕事と云いますが、これは まさにお役所だから出来たこと。
不動産屋はこんな手間暇かかる仕事は絶対にしません。

また宅地はともかく、農地、山林は相続しても負担になるだけ、というのも実態です。
そもそもその土地に登記費用に見合う価値が無い場合も多いのです。
土地の価値変化と硬直化した現行制度が「所有者不明化」を拡大させる、と結論づけています。

次のコラムでは
「所有者不明土地が招く空き家問題ー危険な家に翻弄される行政」
が取り上げられています。

以下
PART2 登記義務化と利用権制限ー次世代のための制度改革を
PART3 警察も手を焼く「地面師」ー映画のような詐欺の実態
PART4 消えた山林を探せ!ー境界確定から始まる地域づくり
と続きます。

問題点を整理するのに、お手軽と思い紹介しました。
そう言えば、先日 某大手プレハブメーカーが60数億円の詐欺被害にあってましたね。
あれもこの「地面師」の犯行なのでしょうか。

290826-17
今朝の日経の社説はこれでした。
空き家は現在1000万戸にまで増え、2033年には全戸数の3割になる見通しだ。
空き店舗率が10%を越えている商店街は4割。
全国の空き地面積は香川県の面積の8割に達している。
と現状を紹介した上で、スポンジ化は行政だけでは防げない。
官民一体となっての取り組みが課題としています。

どうやらマスコミもやっと問題の重要性に気がついてきたようですね。

*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

土地問題を考える-2
8月25日 金曜
今日のお昼は全国チェーンの中華に行きました。
あの一日餃子100万個の店です。
例によって餃子と冷麺を注文すると

290825-51
先に来て、餃子と定食とビールを注文していたオジサンが、す~っと店から出ていきました。
ビールも料理もチョコット手を付けた程度、ほとんどど残しています。
私が食べ終わって支払いを済ませても、とうとう帰って来ませんでした。
残してあったのは安物の帽子だけ。
これって完全に食い逃げですよね。
初めて見ました。

290825-04
ところで今日はこれを紹介します。
この本もベストセラーのコーナーにありました。

まずは目次から
第1章 「誰の土地かわからない」ーなぜいま土地問題なのか
第2章 日本全土への拡大ー全国888自治体の調査は何を語るか
第3章 なぜ「所有者不明化」が起きるのか
第4章 解決の糸口はあるのかー人口減少時代の土地のあり方

表紙にありますように、持ち主のわからない土地が九州の面積を越えているそうです。
その原因の一番は相続未登記です。
国土交通省の2014年の調査では、最後に所有権の登記をした年が50年以上前のものが19,8%あります。
30年以上前まで含めると約半分になります。
50年前といいますと、私のお祖父さんが死んだ年。
まあ3世代は経っているでしょう。
田舎のお祖父さんの土地を、都会にいる孫は存在すら知らないのでは。

本書ではこうした現実を分析しながら、何とか解決の糸口を見つけ出そうとしています。
土地問題の現状を理解するためにお勧めします。

*人口減少時代の土地問題
「所有者不明化」と相続、空き家、制度のゆくえ

著者  :吉原祥子
発行日 :2017年7月
発行  :中公新書
定価  :760円(税別)

290825-34
先日の日経にはこんな記事も。
増田寛也氏は、不動産登記の義務化や、土地の所有権と利用権の分離も必要との見解です。
いずれにしても放置せず、真正面から政治に取り組んでいただかないと行けない問題ですね。
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

土地問題を考える-1
8月24日 木曜
290824-04
町内のインド料理店が新装開店しましたので、早速行ってみました。
オープニングセールで620円のランチが540円ですが

290824-02
キーマカレーにチーズナンセット850円にしました。
美味しかったのですが、経営者が変わったので以前からのポイントカードは無効。
なんとかしてよ、と云ったのですが、なんともなりませんでした。
トホホ

290824-07
話は変わりますが、今週の新書ベストセラーのトップはこれでした。
目次を紹介するより表紙を見てください。
著者は産経新聞論説委員で、
第1部として人口減少カレンダーとして2017年から2065年までの予測がのべられています。
第2部はそのための対策です。

労働力不足に対する対策は、
1,高齢者
2,女性
3,外国人
の活用と云われてきました。
今はそれに加えてAIの活用もさけばれています。
著者はその4つとも決定的な切り札とはならない、そこで戦略的に縮んで、小さくとも輝く国になることだ、としています。

これに関連して少しの間、我々に関心の深い、土地問題、空き家問題について考えてみたいと思います。

*未来の年表
  人口減少日本でこれから起きること
著者  :河合雅司
発行日 :2017年6月
発行  :講談社現代新書
定価  :760円(税別)

290824-33 290824-31
ところで私の町内にはこの2軒が並んでいます。
クルマ社会の岡山で、人が住んでいるのに車が無い家は、まずお婆ちゃんの一人住まいです。
方や80代、方や90代で、時々県外ナンバーの車が停まっているので、ご親族でも来られているのでしょう。
10年以内にはどちらも空き家になると思うのですが、その後はどうなるのでしょうか。

290824-07 290824-28
町内には放置された空き家が段々目立って来ました。

290824-06
これなんかはそんなに古く無いのですがね。
無理して探さなくても、いくらでも空き家が転がっている時代となりました。

290824-02
夜は町内のボッタクリ居酒屋でタウン・ミーティングへ。
今夜は友人持参の日本酒を頂きました。

290824-04
いずれも東北のお酒で日本酒品評会で1位、2位をとったもの。
美味しくないわけがありません。

このお猪口も友人の持ち込み。
材質は北海道産の槐(エンジュ)です。
高知にもこんな形の焼き物のお猪口がありました。
でもそれは飲み干すまで置けませんでした。
やはりこっちの方が良いですね。
そんなこんなでアッという間に、2本空けてしまいました。
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

バームハウス
8月23日 水曜
290823-21
岡山市中区で当社のバームハウスの展示場の上棟がありました。

290823-11 290823-17
これはサッシなのですが、200kgもあるので事前に搬入したそうです。

290823-15
二階には天井断熱材も。
レッカーのある間に上げておきませんと、あとからでは大変ですから。

それにしても今日も暑い一日でした。
8月になってから上棟は増えています。
現場で大工さんが熱中症で倒れた、という話も出ています。
皆さんしっかり熱中症対策をして、ご安全に工事をしていただきたいものです。

290823-40
話は変わりますが、今週の日経にこんな記事が載っていましたので、読まれた方も多いと思います。

なぜ政治家は劣化したか
派閥から「チルドレン」の時代へ

として、その理由として
その1,議員の属性
その2,選挙制度
その3,議員の教育
の3点をあげています。

要するに、地元に根っこのない候補者が風に乗って当選し、議員になってもしっかりした教育をする仕組みが失われたことが原因だ、とされています。
そのための対策のひとつとして、外部の血を入れることを提唱されています。
公務員から国会議員になり、また公務員に戻る休職制度で、外から政治の世界に入り、またもとに戻る「回転ドア」の制度化です。

くだらないTVのワイドショーが多い中、やっとまともな議論が出てきました。
「この国民にしてこの政治家あり」
劣化した政治家はわれわれ自身を映す鏡だ、という耳の痛い話も傾聴に値しますね。


*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

インターンシップ
8月22日 火曜
290822-01
今日から高校生が一人インターンシップで来られました。
明日までの二日間だけですが、プレカット工場で製造部門と本社で営業部門の体験をしていただきます。
上手くマッチングするようでしたら、来年度の入社が期待できます。
なにせ超売り手市場の採用活動ですから、大切に育てていきませんと。

でもこの子は平成12年生まれの17歳。
孫に近い世代です。
ますます歳を感じますね。

17歳といえば今日の甲子園の準決勝第一試合は面白かったですね。
実は月に一度 掛かり付けの病院に通っています。
といいましても、特に何が悪いというのでは無いのですが、まあ気休めです。
いつもは血圧を測り、問診をする程度。
5分で終わります。
ところが今日はTVを見ながら待っていると急患が入り、それで1時間以上待たされました。
お陰で広陵高校の中村くんのホームランを2本とも見れました。
2本目はVTRでしたが。
今年は打高投低、点の取り合いが面白いです。
地元は緒戦で敗退していますので、どっちが勝っても構わないという気安さもありますし。
明日の決勝戦もたぶん打ち合いでしょう、楽しみにしています。

ところで診療所の待合にいると時々変な人が来ます。
先月は朝から酔っぱらいが来ました。
年の頃は私より10歳は上、それがふらつきながら上がり框にへたり込みます。
しかも片手にはワンカップを持って。
看護婦さんから「酒ばあ のみょうたら死ぬよー」
すると「死んでも ええんじゃー」
「そんなら帰られ~」
「調子が悪りいから きとんじゃー 診てくれ~」
とまるで駄々っ子。
私も呑ん兵衛ですが、ああは成りたくないですなあ。



*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

木工工作
8月20日 日曜
290820-21 290820-27
当社うちの「わ」事業部のOB客向けの、夏休み木工工作教室が開催されました。
参加者は親子で熱心に本棚作りを。
今後は夏休みの恒例行事にするそうです。

290820-03
看板もやっと掲げられました。

ところで岡山市では18~20日の間、日教組の教研集会が開催されました。
日教組と右翼の街宣車と警察の機動隊が全国から岡山に集まりました。
当然大渋滞と大騒音が予想されますので、私は市内中心部には一切近づきませんでした。
迷惑この上ないのですが、岡山は北朝鮮シンパの槙枝委員長が出ていたせいでしょうかね。

そこで私の教師への思い出話を少々。
小学校の時の先生はこっちがまだ子供、高校は殆ど受験勉強、ということで一番思い出があるのは中学校の先生です。
一年生のときの担任の石井先生は理科の先生。
大学時代は山岳部だったそうで、私に山歩きとアウトドアの面白さを教えてくれました。
あだ名はゴリラで、何を云ってもニコニコして温厚な先生でした。
ただ一度だけ、クラスメイトが教室内の器物を意図的に破損したときは、怒りました。
数名の同級生が前に並ばされ、大ビンタを。
普段おとなしい人を本気で怒らすと怖いものですね。

二年生の藤本先生は国語でした。
普段からピリピリした先生で、何かあるとすぐ怒鳴りつけられました。
石井先生がスキーで怪我をして、片腕を釣っていました。
そんなある時、授業前に教室にテキストを忘れたと言って、40冊ほど持って行かれました。
その入れ違いに藤本先生が入って来たときは、また怒鳴られました。
片手で本を持っていく石井先生の手助けを誰一人出来なかったのか!
そんな人間に育てた覚えは無い!と。
授業は中止で一時間説教をされました。

三年生の佐藤先生は数学。
特攻隊になるべく、飛行学校で訓練中に終戦になりました。
あと半年戦争が続いていたら、俺はここには立っていない、が口癖。
黒い顔でギロリと睨まれると、みなビビっていました。

藤本先生はご縁があって私の長男も最晩年に薫陶を受けたそうです。
といいますのが亡くなられたのは、まだ現役の教員だった時、59歳だったと思います。
よく怒られた先生ほど懐かしいもので、お葬式には同級生も大勢参列しましたし、偲ぶ会も開催しました。
25年ほど前の話です。
そうして思うと当時の先生方は皆さん30歳代。
今の当社社員の30歳代なんか そんな筋がピンと通った人間は一人も・・・

中学時代の先生方には、勉強もですが、人間としての生き方を教えて貰ったような気がします。

日教組の教研集会はやっと終わり、静かな日常が戻りました。
でも国旗に敬意を払わない、国歌を斉唱しないような先生に、私の孫たちの教育はしてほしくありませんね。


*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

若桜へ行きました
8月19日 土曜
鳥取県智頭町に用事がありましたので、ついでに若桜町へ行きました。
木材業界では「智頭・若桜(ちず・わかさ)」と並んで呼ばれる杉材の生産地です。
隣どうしの町なのですが、智頭は岡山から鳥取市へ行く国道53号線沿い、鳥取へ行くときは必ず通ります。
若桜はそれから外れ、姫路方面へ行く道沿いなので、実は私は一度も行ったことがありません。

290819-42 290819-50
まず行ったのは不動院岩屋堂。
同じ鳥取県にある三佛寺投入堂と並び称される、岩窟建築です。

290819-56 290819-65 290819-66
次に町を歩きました。
まずは若桜駅から、若桜鉄道の終着駅です。
木造の駅舎も風情があって、映画のロケに良さそうです。

290819-73
SLの展示もありました。

290819-52 290819-51
駅前のここから蔵通りへ。
獅子がお出迎え

290819-26 290819-30
蔵通りには

290819-32 290819-42
こんな左官さんの作品がありました。

290819-43 290819-34 290819-38
蔵通りにはお寺が3軒も並んでおり、寺通りでもあります。
瓦はすべて石州赤瓦です。

290819-80
林業の町ですから、製材所もたくさんあります。
正面の山頂には中世、若桜鬼ヶ城がありました。

290819-78 290819-03 290819-89
ここの建物の特徴はこの軒を支える柱。
「かりや」といいますが、青森の雁木に似ていますね。
かなりの降雪があるのでしょう、道路には融雪装置が。

290819-92 290819-98
格子には必ず戸袋がついています。
側溝の水の流れは早かった。

290819-02
軒桁に杉丸太を使っている家も。
つい最近まで縁桁(虹梁)などにもよく使っていましたが、今では全く。
その頃は智頭、若桜からよく仕入れていました。

290819-17
こんな豪邸もありました。
たぶん商家で、右の増築部分は洋風の応接間でしょうか。

290819-72 290819-74 290819-79
でも普通の民家はこんな感じです。
普通はいくらくっついていても若干の隙間はあるのですが、ここは完全に。
それぞれ表札が出てますので、違うお住まいなのでしょうが・・・

290819-94
次に若桜郷土文化の里へ。
学校跡地に古建築が移築してありました。

290819-08 

290819-11 290819-12 290819-15
三百田氏 住宅は江戸時代前期の庄屋です。 

290819-21
歴史民俗資料館は明治末期に建てられた銀行。

290819-24 290819-31
桁にはサクラが使われています。
内蔵があるのが銀行らしいです。

290819-34
床の間もキチンとしたものでした。

290819-47
裏山は森林公園になっています。
スギの人工林の中に、何故かケヤキが一本だけ。

290819-52 290819-55
最後に目の前の意非神社へ。
杉林の中にひっそりと祀ってありました。

静かな良い街でした。
不動院岩屋堂以外はすべて若桜駅から徒歩圏内です。
時間にゆとりのある方は、若桜鉄道でノンビリ行くのも良いかもしれませんよ。
智頭町には林業家として有名な石谷家の住宅も一般公開されています。
合わせて観光されては如何でしょうか。
ただし冬はお薦めできませんが。











*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

夏休みーその5
8月16日 水曜
当社は今日まで休みです。
岡山では8月16日は「餓鬼の首」といい、職人さんが休む習わしがあります。
理由は知りませんが、大工さんが休んでいるのに、材木屋が店を開けてもしょうがないので、お休みします。

今日も山小屋で読書三昧の予定だったのですが、急遽岡山へ。
実は一昨日から、身体にカブレたような湿疹が出だしました。
痒くてたまらないので、岡山の皮膚科に電話すると営業中でした。
診断は毛虫にまけたとのこと。
庭仕事でもしましたか?と聞かれましたが、状況から どうやら13日のお墓参りの時。
次回からは、何か羽織って行くことにします。

午後 家に帰るとハルちゃんが来ました。
ママはお仕事が始まりましたのでカミサンとお守りを。

29816-54
日中は暑いのでお昼寝をして、起きてからは絵本を読んだりTVを見たりで

29816-23 29816-33
少し涼しくなってからセミを取りに

29816-32
でも採れたのは脱け殻だけでした。
明日から保育園が始まります。
すっかりおばあちゃん子になったハルちゃんでした。

ジイちゃんが 建てた家でも バアちゃんち(盗作)


*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

夏休みーその4
8月15日 火曜
昨日はそのまま山小屋に泊まりました。
290815-21
山でも歩こうか、と思っていたのですが、朝からシトシトと。
東日本は冷夏長雨だそうですが、こちらは猛暑。
でも雨のせいで朝は20度。
半袖、短パンでは寒かったです。
おまけに甲子園も中止。
そう晴耕雨読のうち、昨日は晴耕(晴ゴルフ)、今日は雨読です。

290815-46
先日 本屋にこんなコーナーがありました。
料理のレシピ本かと思いさほど興味も無かったのですが

290815-05
まあ試しに第1巻を読むと、メチャクチャ。
こいつはいけません。

290815-003
早速残り9巻もすべて買い求めました。
雨のお陰で半分は読ませて頂きました。
私の悪い癖で、高田郁にどうやらハマってしまったようです。
(購入時はカバーをしてもらいますが、読み終わると外します)

ところで今日は終戦記念日。
ただこれはあくまで、ポツダム宣言を受け入れることを、国民に発表した日です。
戦争自体は満州や北方領土では9月以降も続いています。
正しくは9月2日なのですが、これだけ浸透し、ちょうどお盆でもありますので、まあこれで良いでしょう。

夜のNHKでインパール作戦をやっていましたので、見られた方は多いと思います。
先の大戦での日本軍の失敗は数多いのですが、ベスト3をあげろといわれると
ノモンハン事変、ガダルカナルとこのインパール作戦です。
いずれも戦略的失敗で、戦略の失敗は戦術では取り返せない事例の典型といえます。

もしご興味があれば
高木俊朗の一連のインパール物(全4巻)、五味川純平の「ガダルカナル」、半藤一利の「ノモンハンの夏」が
いずれも文春文庫から出ていますので、お手軽です。
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

夏休みーその3
8月14日 月曜
三男と二人でゴルフに行きました。
会場は奥津ゴルフ倶楽部です。
ここはアップダウンのきつい山岳コース。
しかもインターバルは長く、トリッキーなホールも何ヶ所も。
お世辞にも良いコースとはいえないのですが、なにせ涼しいのです。

290814-18
本日の外気温度は25度。
ここは標高700mの最高度地点。
岡山では一番高いところにあるゴルフ場です。
岡山市内からだと1時間半も掛かりますが、私の山小屋からだと10分です。
今日は平日なので、2バックでまわり、@5,800円でしかも昼飯がつきます。
(昨日は8,500円でした)

まあ何かとりえがあるもので、涼しさと安さに誘われて、一夏に一度は来ます。
ここなら連チャンも有りですので、暑いのが苦手な方にはお勧めです。

290814-14
話は変わりますが、昨日は姉が家族を連れて来ました。
これは姉の孫のユウキくん。
高校一年生ですが、海外(と云っても四国ですが)にゴルフ留学しています。
ゴルフを始めたのは小学生、その頃は大叔父さんでも勝てたのですが、
先日はメンバーコースの月例杯で、大人にまじり72のパープレーで初優勝したそうです。
本人はプロを目指すと云っていますが、ドライバーの飛距離はまだ260~70ヤード程度とのこと。
やはり300は飛ばさないとプロでは難しいでしょう。
まあどうなりますか、大学には行けよ、とアドバイスしておきましたが。

それにしても、ゴルフでプロを目指すと相当お金がかかるのでしょうね。
オイは単なる工員さん。
あまり無理をしないほうが、とも思うのですが。
でも本人がやりたい、といえば・・・
なかなか難しい判断ですなあ。

昨日は妹も娘を連れて帰って来ました。
290813-10
お昼は母を囲んで昼食会をしました。
大正の女ですが、至って元気。
頭の回転はうちのカミサンより早いです。
今日もデザートを仕入れに、一人で天満屋(岡山のデパート)まで行って来ました。
本人は悪いところが何も無いので、死ぬような気がしないわ、と云っております。
長生きをしてもらいたいのは山々なのですが、物事は順番通りにお願いします。
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

夏休みーその2
8月13日 日曜
我が家の末っ子の大五郎が亡くなりました。
8月になってからはまったく食事を受け付けなくなり、見る見る痩せて行きました。
最後は立つことも困難になり寝たきり老犬に。
それでも一生懸命生きようとしていましたが、11日にとうとう帰らぬ犬となってしまいました。

290813-52
平成14年8月21日産まれですので、ほぼほぼ15歳。
人間なら90~100歳。
天寿を全うしたと云っていいでしょう。

290813-04
今朝は東山にお墓参りに行きました。
昨日は友引だったので、ついでに東山斎場で火葬にしてきました。

たくさん残ったドッグフードやリードも処分。
ペットショップのポイントカードも廃棄。
犬小屋は粗大ゴミに出します。
もう二度と犬は飼いませんので。

でもすっかり片付くと、何かポッカリ穴が空いたような。
なんせ15年間同じ場所で尻尾を振っていましたから。
こうゆうのをペットロス症候群と云うのでしょうか。
まあ時間が解決してくれるでしょう。
合掌

起きてみつ 寝てみつ 庭の広さかな(盗作)

*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

夏休みーその1
8月12日 土曜
290812-07
同窓会のゴルフ・コンペが後楽ゴルフ倶楽部でありました。
本日は4組14名の参加。
2名どこに行ったのか?行方不明。
まさか黒枠で入れるわけにもいかないので。

290812-10
私の組はアウトの1組。
左から松岡、私、常重ジュニア、藤井です。

290812-11
2組目は、山本、宗、古田の3名。
残りはインスタートでした。

午前中のハーフは今年ベストの出来、これならひょっとすると80台も期待できたのですが・・・
それが後半はガタガタ、いつもの平凡な結果に終わりました。
前回も同様。
どうも最近後半崩れ出します。
何故かは???
今日はビール1杯しか呑まなかったのですが。
まあそれでもHCもつき、結果は5位。
良くも悪くもありませんでしたが。

それにしても今日も暑い一日でした。
もう四捨五入すれば全員70歳なのだから、盆正月より春秋のお彼岸頃にしては、と提案したのですが、敢え無く却下。
次回は1月2日に岡山北ゴルフ倶楽部で行います。

ただ本日は初めて途中リタイアが1名出ました。
メンバーにドクターが2人もいるので、次回は看護婦さんでゴルフの出来る人を招待しては如何でしょうか。
必ず救急セット持参で、出来れば若くて可愛い人に。

290812-04
当日では無いのですが、岡山在住の家族とお誕生会をしました。
上の孫はバアチャンには完全に上から目線。
サッカー少年なので真っ黒に日焼けしています。
少々勉強が出来る出来ないより、心身の健康が一番ですね。

誕生日 冥土の旅の一里塚 目出度くもあり 目出度くもなし(盗作)

*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

京都一人旅-3
8月11日 金曜
290811-54
もう一日京都を歩きます。
まずは大徳寺へ。
この山門の上に千利休像を納めたため、切腹させられた話は有名です。

290811-38
次に金閣寺の前をとおり、立命館大学の前から「本野精吾邸」へ。
大正13年に建てられた鉄筋コンクリート建築です。

290811-45 29811-46 290811-52
日本最初のモダニズム建築といわれています。
以上で私の夏の特別公開は終了。
残りは次回に持ち越しとします。

290811-62
最後に仁和寺へ。
むかし周山街道を通って、北山杉を仕入れに行っていた頃は、よく前を通りました。
しかしお参りするのは初めてです。
この二王門は重要文化財です。

290811-67
御殿を拝見しました。
旧 御室御所です。

290811-68
まずは白書院から

290811-71 290811-73 290811-76
襖絵は素晴らしいの一語

290811-80
庭から見た勅使門、右は二王門です。

290811-91
こちらからは五重塔が。

290811-95 290811-00
宸殿です。
右の折上げ格天井の部屋が一番格式が高そうです。

290811-06
霊明殿のご本尊は薬師如来とのことでした。

290811-14 290811-16 290811-17
最後に黒書院も。

このあとお参りもしたのですが、国宝の金堂や、観音堂は目下工事中。
あと数年はかかるようでした。
これで岡山に帰ります。
もう帰省ラッシュが始まっていますので。
以上熟年、京都ゆとりの一人旅でした。

ところで明日から夏休みとさせていただきます。
8月17日 木曜から再開しますので、またよろしくお願いします。








*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

京都一人旅-2、その1
8月10日 木曜
290810-66 290810-68
今日は上賀茂神社から参拝しました。
ここも特別公開で本殿と権殿が見学出来ましたが、もちろん撮影は禁止。

290810-34 290810-31 290810-74
このあと社家町を散策。
ここは上賀茂神社の神職のお住いが連なっている、重要伝統的建造物群保存地区です。
川の中の灯籠はライトアップでもするのでしょうか?

290810-78 290810-14
このうち西村家が一般公開されています。

290810-88 290810-85 290810-90
お座敷から拝見するお庭も良かったですが、床柱は木曽ヒノキの四方柾、書院はケヤキの玉杢でした。

290810-06 290810-94
もともとは廊下ではなく座敷だったそうで、お床が残っています。

290810-21 290810-20
裏にお茶室もありました。

290810-39
次に下鴨神社に参拝。
ここも特別公開に参加しましたが、本殿は撮影NG。

290810-52 290810-53
重要文化財の大炊殿はOKでした。

290810-57
それぞれ御朱印も。
左が下鴨神社です。

290810-64 290810-67 290810-75
秀穂舎(しゅうすいしゃ)は社家を復元したもの。
ただ資料館として手を加えすぎだったので・・・

ー続くー









*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

京都一人旅-2、その2
下鴨神社から糺の森を抜けて「旧 三井家下鴨別邸」へ。
290810-83 290810-79
入り口から左右を見て。
この塀のうちがそれ、どんだけ広いんや!

290810-40
玄関からあげて頂きました。

290810-93 290810-95 290810-98
まずは母屋の二階から、通常は非公開です。
床柱は赤松でした。

290810-15 290810-18
次に一階のお座敷へ。
この床柱は檳榔樹(びんろうじゅ)でした。

290810-19 290810-14
元は木屋町に有った別邸を大正14年に移築したものです。

290810-39 290810-27
左から玄関棟、主屋、茶室で、それぞれ建てられた時期は違います。
主屋の三階は望楼ですが、ここは非公開でした。

ここの二階まで拝見出来る特別公開は、8月10日から27日までです。
ご希望者はお早めに、ただし16,23日は休館日です。
詳しくは「京の夏の旅、文化財特別公開」で検索してみて下さい。







*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

京都一人旅-1、その1
8月9日 水曜
明日66歳の誕生日をむかえます。
自分自身へのお祝いに京都へ出かけました。
290809-34 290809-43
まずは京都駅から歩いて西本願寺にお参りしました。
御影堂門(左)と阿弥陀堂門はいずれも重要文化財です。

290809-88290809-54
御影堂(左)は1636年、阿弥陀堂は1760年の再建でいずれも国宝です。

290809-68 290809-72
柱の直径は2尺(60cm)はあります。
総ケヤキでした。

290809-93
国宝「飛雲閣」は外からチラッと。

290809-98 290809-06
書院も外からだけ。

290809-43
国宝の唐門もご立派ですが

290809-50 290809-51
隣の大玄関門の戸板はケヤキの一枚板でした。

290809-54
門前の龍谷大学の校舎も風情のあるものでした。

次に東本願寺へ。
すぐ並びです。
290809-63 290809-66
御影堂門はこれも総ケヤキの立派なもの。
明治44年の再建です。

290809-11 290809-72
阿弥陀堂(左)と御影堂はいずれも明治28年の再建。
並び方がお東さんはお西さんとでは逆になっています。

290809-99 290809-00
これは再建のとき使われた、毛綱とソリ。
当時は雪が積もらないと搬出が出来なかったのですね。

ー続くー







*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

京都一人旅-1、その2
290809-18
お東さんから「渉成園(しょうせいえん)」へ歩きました。
ここは東本願寺のお坊さんの別邸で、今の時期だけ二階建ての茶室が見学出来ます。
そうなんです、この夏の特別公開が目的で京都に来ました。

290809-25
まずは順路に従って「臨池亭」(左手前)と「滴翠軒」から。

290809-39 290809-44
「傍花閣(ぼうかかく)」は一種の楼門。

290809-52 290809-61
左右対称形の面白い造りです。

290809-11
これが特別公開された「蘆庵」。

290809-89 290809-81 290809-85
京都のお茶室らしいものです。

290809-75
眺めも良かった!

290809-300 290809-030
広い園内には茶室やお座敷もあり

290809-18 290809-22
この橋を渡って池の中の島へ行くと

290809-30
「縮遠亭」がありました。

今日歩いた三ヶ所はいずれも京都駅から徒歩10分程度。
特にお東さんやお西さんは車で前をよく通るのですが、いずれも中に入るのは初めてです。
近いのでいつでも来れるという気持ちがあるせいでしょうね。

明日明後日もしっかり歩いてみます。
でも暑かった!






*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

広島から帰りました
8月8日 火曜
290808-09
今日は岡山に帰りました。
原爆ドーム前から路面電車で広島駅へ。
ホームは外人さんでいっぱいです。

後ろに見えるビルは「折り鶴タワー」です。
独特のスロープが特徴的で、材木もしっかり使ってあります。
屋上展望台があり、眼下に原爆ドームがあります。
一度見学したいのですが、今朝は時間が無いので。

290808-19
広島銀行の前にはこんなポスターも。
実は「ひろしま美術館」を作ったのは広島銀行、館長は歴代元頭取が務めています。

先日聞いたは話では、この真ん中の上の絵はゴッホの遺作。
それも自殺する2週間前の作品とのことです。
そんな大作ではありませんが、これだけでも足を運ぶ価値はありますよ。

290808-60
本日はこの本を紹介します。
まずはいつものように目次から

第一章 現代の「炎上」の基本メカニズム (藤井)
第二章 ジャン・アヌイの作劇に見る炎上の魅惑と詐術 (佐藤)
第三章 炎上における「隠蔽」の構造 (藤井)
第四章 炎上にひそむ「知性のめまい」をさぐる (佐藤)
第五章 炎上のメカニズムへの挑戦 (藤井)
第六章 仮想と炎上の戦後史 (佐藤)
第七章 対談 炎上はコントロールできるのか (藤井✕佐藤)

藤井 聡は京都大学院工学研究科教授。
第2次安倍内閣で防災、減災担当の内閣官房参与を務めていたので、その時期に講演を聞いたことがあります。
佐藤健志は東京大学卒の評論家で作家です。
この二人で表題について意見を交わしていく、という展開です。

表紙にあるように、「炎上」をネット空間だけに限らず、○○劇場もすべてそうだ、としています。
言い換えると「空気」や「風」、「○○ブーム」も同様でしょう。
日本人は大東亜共栄圏、八紘一宇の時代から炎上して、後から冷静に考えると、何故あのときは盲目的にそう言う行動をしたのか、と思うことはよくありますね。

先日の都民ファーストの都議選の勝利などはまさにその典型でしょう。
自民党都議  =悪、利権
都民ファースト=正義、清潔
という非常に解りやすい対立構図が作られました。

日本人は物事を単純に黒か白か、善か悪かというふうに考えるのが一番楽なのです。
大岡越前か水戸黄門の時代劇ならそれで良いのでしょう。
現実にはそんなことはありえませんね。
例えば中東で、政府軍と反政府軍が戦っている場合、どちらが正義でどちらが悪か、誰がどう判断するのでしょうか。

マスコミに踊らされず、冷静に、客観的に物事を判断する一助になる、とお薦めします。

*対談「炎上」日本のメカニズム
著者  :佐藤健志・藤井聡
発行日 :2017年6月
発行  :文春新書
定価  :920円(税別)

*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

広島に行きました
8月7日 月曜
吉野石膏の取引先で構成する中国タイガー会の役員会が広島でありました。
290807-16
銀山町(かなやま)にある広島銀行のハイビル21。
ここに吉野石膏広島支店が入っています。
今日の役員会会場もこの直ぐ側です。

さて何か気が付かれませんか。
そう広島はピーカンの夏晴れ。
今朝一番に広島支店長より、どうしましょう、と相談を受けたのですが、まあ大丈夫よと決行して大正解でした。

当社でも今朝の役員会では、台風が来たら早じまいしようか、という話も出たのですが。
警報でも出ればですが、まあせわあなかろうと。
お昼に多少雨風が強くなった程度、良いお湿りで少しは気温が下がりました。

被災された地方の方々には衷心よりお見舞い申し上げます。

ただ岡山駅は大混雑。
瀬戸大橋がストップしましたので。
瀬戸大橋は風が吹くとすぐ止まります。
一番はJRで、次が車です。
フェリーはそこそこの風でも運行出来るのですが、そもそも便数が極端に減っています。

話は変わりますが、昨夕 カミサンが一生懸命 庭に水を撒いています。
明日は台風で大雨になるのは知っているハズなのですが。
別に台風の来る前に水を撒いても、悪いことは無いので何も云いませんでした。
ムダなことをせずに家の掃除と片づけでもすれば、といえば大叱られしますので。

290807-55
ところで今日はこれを読みました。
宮部みゆきには、いっときハマり殆ど読んだのですが、久しぶりでした。
一言で言うと、シン・ゴジラの江戸時代バージョンです。
これも真夏の怪談話の一つとして如何でしょうか。
一気に読めましたよ。

*荒神
著者   :宮部みゆき
発行日  :平成29年7月
発行   :新潮文庫
定価   :940円(税別)

*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

涼を求めて-2
8月6日 日曜
290806-09
今日は県立森林公園へ行きました。
実は前回来たときは、糖質制限ダイエットをしていまして、シャリバテ(急性低血糖症)を起こして、途中で引き返した苦い経験があります。
今朝は朝飯もしっかり食べ、装備もそれなりにスタンバイ。
満を持しています。

290806-77
今回は右回りで一周します。
標高差は200mほどですので、登山といえる程のものではありません。

290806-18
まずは「からまつ園地」を抜けます。
落葉松は中国山地には自生しないので植林したものでしょう。

290806-39
ここから登山道へ入ると、まず有ったのは「オオヤマザクラ」。
推定樹齢500年の名木です。

290806-46
さらに登ると「六本杉」へ。
天然杉です。

290806-51
ここからの登りが一番長くて急でした。

290806-55
やっとの思いでたどり着いた「根曲がり杉」はありませんでした。
むかし来たときは有ったのですが。
ここから下り、また登って

290806-68
「ブナの平」へ。
林間を抜ける風が爽やかで、汗が引きました。
次はずっと下りで

290806-88 290806-97 290806-06
滝が六段連なっている
「熊押し滝」へ。
これが園内を流れる羽出川の源流になります。

290806-15
中央道へ出るとあとはフラットで

290806-29 290806-34 290806-61
「かえで園地」「いぼた園地」「まゆみ園地」は車椅子でも可能です。

290806-51
推定樹齢270年のマユミの名木がありました。
この木で弓を作ったところから真弓の名前がついたそうです。
実はこの木のことはよく知らないのです。
木については偉そうなことを、普段云っていますが

290806-22 290806-26 290806-62

290806-67 290806-74
私が解るのは、こうした建築用材になる木だけでして

290806-72 290806-69 290806-46

290806-20 290806-30 290806-24
材木にならない木についてはまったく無知です。
今後 勉強していきたいと思っています。

290806-87
帰りに以前紹介した「七色樫」へ。
スギの人工林の前で黄緑色に輝いていました。
前のタンボの稲ももう穂がついています。
県南とはまったく違いました。
こんなんで、しっかり森林浴もして英気を養った一日でした。
これで35度の岡山市へ帰ります。

















*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

涼を求めて-1
8月5日 土曜
昨夜から猛暑の岡山を離れて県北の山小屋に来ています。
今日は「岩井の滝」へ行きました。
ひと夏に一度は来ます。
奥津温泉からだと15分と近いので。
290805-00
ところが途中で通行止め。
臨時駐車場がありここから歩きましたが、熊出没注意の看板も。

290805-03 290805-05
スギの人工林の中を600mほど歩くと

290805-11
ここから先は工事中。
滝は左に登りますが、ここにも熊出没注意の看板が。

290805-17
さらに杉林を300m登ると

290805-22
岩井の名水に。
しばし喉を潤しました。
ここは子授かりの名水といわれています。

290805-28
ここから100mで滝に到着。

290805-43
クーラーの前に立っているよう。
駐車場で外気温度が25度でしたから、もう1~2度は低いと思います。
岡山市内は35度。
それでも今日明日と花火大会と「ウラジャ踊り」があります。

290805-34 290805-39
ここは滝の裏にも行けますので、別に裏見の滝ともいわれます。

290805-49
近くの恩原湖や恩原高原オートキャンプ場からだと5分です。
今日は大阪からわざわざこれだけを見に来た人もいました。
岡山市内からだと2時間もあれば来られますので、涼を求められては如何でしょうか。

*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

世界遺産
8月3日 木曜
報道によりますと、百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録申請されることとなりました。
考古学的にも非常に貴重なものですから、まさにご同慶の至です。
ただ少し引っ掛かるのが、平気で仁徳天皇陵とか応神天皇陵と報道されていることです。

実は宮内庁が○○天皇陵としているのもで、考古学的に証明されているものは殆どありません。
と言いますか、逆に否定されているもののほうが多いくらいです。
最大の伝 仁徳天皇陵でも諸説あります。
ですから、仁徳天皇陵といわずに大仙陵古墳、応神天皇陵は誉田御廟山古墳と報道すべきと思うのですが。

ところで我が国の巨大前方後円墳のベスト3がこの百舌鳥・古市古墳群にあります。
実はほぼ同時代にこれに匹敵する前方後円墳群が岡山にあります。
290802-68
岡山市にある造山古墳(つくりやま)は全長350mで第4位です。

290802-17
僅か西の総社市にある作山古墳(つくりやま)は全長280mで第10位です。
古墳時代中期には、天皇に匹敵する勢力を持つ豪族が、吉備地方を支配していたことが伺えます。

290802-60
吉備の中心は岡山で唯一五重塔がある国分寺で、この一体は吉備路といわれています。

時代は下りますが
290802-34 290802-44 290802-47
横穴式の長い羨道と巨大な玄室を持つ

290802-40
こうもり塚古墳や

290802-31 290802-27 290802-30
ほぼ同じ様式の

290802-24
江崎古墳もあります。
このあたりはフラットなので、もう少し時候が良くなればサイクリングに如何でしょうか。

290802-02
話はまったく変わりますが、朝刊に岡山イチ危ない交差点が載っていました。

290802-34
それがこれ、私の散歩道兼通勤道にあります。
R30の日赤病院北側の交差点ですので、皆さんご注意下さい。
ちなみに私は無事故ですが。

290802-004
当社うちの「わ」事業部の広告も朝刊に

少しお知らせがあります。
290802-002
うちの「わ」事業部では、20日に「木工教室」を開催します。
材料代だけは実費頂きますが、どなたでもご参加いただけます。
ただ準備の都合上、ご予約を頂いています。
詳しくはHPからどうぞ。





*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

幻想庭園
8月2日 水曜
290804-05
1日から後楽園で幻想庭園が始まりました。
ライトアップして夜間開放されています。

290804-08
折り鶴や

290804-25
風鈴のトンネルが涼味を増してくれます。

290804-12 290804-16 290804-18
四季を表す照明と音が。
これらは今年からの催し物です。

290804-20
月も綺麗で大勢の納涼客で賑わっていました。
今月いっぱい開催中です。
入場料は大人400円ですが、65歳以上のシニアは140円と嬉しい限り。
ビアガーデンもありましたよ。

話は変わりますが、今夜はカミサンと出かけました。
私はどうせビールを呑むので、車はもちろんカミサンの。
ガレージの前で待っていると、一旦は運転席に乗り込んだのですが、何かゴソゴソ探しています。
どうやら車のキーが見つからない様子。
諦めてもう一度家に帰り、スペアーキーを持ってきたのですが

290804-03
ガレージから出ると、左ドアにキーが。

どうもガレージが狭いので、左のドアから入り、キーはそのまま。
それでスペアーキーを取りに右のドアから出入りしたようです。
そもそもキーが無いと乗れないはずなのですが・・・
ピンと来ませんかね、暑さのせいでしょうか?

8時半頃に家に帰ったのですが、フルーツを急いで食べだしました。
明日 病院で検査があるので、夜9時以降の食事はダメなのだそうです。
大急ぎで8時59分にやっと食べ終わり、本人はホッとしたご様子。
私には9時1分が5分になっても大勢に影響は無いと思えるのですが。

さすがは元教諭、真面目で几帳面なご性格ですから、血液型はもちろんA型。
反対に私はB型のアバウト人間です。

*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

完成現場見学会
7月30日 日曜
290730-03
おかやま住宅工房の完成現場見学会を訪れました。

290730-53
玄関には手洗いがついています。

290730-38 290730-13 290730-09
LDKの天井はスギ、床材はクリで、キッチンはホーローでした。

290730-35
和室もリビングにつながっています。

290730-15
お風呂はノーリツでした。

290730-21 290730-23
二階は将来は二つに仕切る事も可能です。
コンパクトにまとまったお住いでした。

290730-58 290730-59
ところで本日の現場は岡山市中区、近くには雄町の冷泉もあり、酒米として有名な雄町米の産地です。

290730-62
備前の国の総社宮(注)もあり、名前から備前の国府がここにあったと私は思っています。
要するに当時の中心地、今は田園地帯の真ん中ですが。

注;総社市にある総社宮は備中国のものです。

290802-28
話は変わりますが、最近これにハマっています。
枕元に置いておき、目が覚めると1問だけします。
目覚ましの頭の体操にお勧め出来ます。
ただし1問だけ、それ以上すると止められなくなります。
就寝前もお勧め出来ません、目が冴えて寝られなくなりますので。




*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

SMB建材会-2
7月29日 土曜
290729-62
SMB建材会のゴルフ・コンペに参加しました。
私の組は左から、高橋部長(SMB建材)、私、前田さん(ノダ)、中井さん(扶桑建材工業)です。
午前中は今年一番の出来だったのですが、昼から足がツリだしガタガタに。
結局三桁になってしまいました。
ビールは水分では無いと言うのは解っているのですが。
こう暑いと・・・
反省します。
まあそれでも、5月から続いた一連のナントカ総会も、これでやっと終了。
やれやれです。

290729-44
ところで今朝はホテルの周辺をお散歩。

290729-53
何回も申し上げて恐縮なのですが、この「過ちは二度と繰り返しません」というのは、主語は誰なのか?です。
ハーグ条約に違反して、無辜の一般市民の大量虐殺をしたのはアメリカです。
少なくともヒロシマにおいては、日本は一方的な被害者で、反省すべきなのはアメリカなのです。
物事の本質を見誤ることのないようにお願いします。

物事の本質といえば、最近のマスコミの質の低下はまことに嘆かわしいですね。
例の防衛大臣辞任に繋がった、日報を隠した云々ですが、問題はそんなことより、そもそも南スーダンにPKO部隊を派遣したことに対する正当性ではないのでしょうか。
本来派遣すべきでは無かったのでは。
どのような調査、情報に基づき誰が決断したのか。
その辺の経緯をしっかり検証すべきなのに、矮小な事柄の追求のみに終始しています。

代議士の質の低下も嘆かわしいですね。
マスコミはパワハラ発言や不倫疑惑のみの報道ですが、そんな低俗なことはスポーツ新聞か芸能週刊誌にまかせておけば良いのでは、と思うのですが。
そもそも今の小選挙区制では人物で選べられないのです。
どの政党を指示するかで投票行動が左右されます。
ですから風が吹けば、その政党に所属さえしておれば当選します。
ナントカチルドレンの誕生です。
私は選挙制度自体を見直し、人物本位で選べるようにすべきと思うのですが、こうした議論も一切出てきません。

加計学園問題も同様です。
本来は半世紀以上にわたり獣医学部の新設を認めなかった、岩盤規制を問題にすべきです。
岩盤規制に風穴を開けるために、特区を造ったのです。
官僚の武器は許認可権と補助金です。
これが族議員、業界団体と結びつくことにより、権力が生まれ、将来の天下り先の確保も出来るわけです。

それと今年の流行語大賞は「忖度」になるのではないでしょうか。
でもそもそもサラリーマン、公務員で出世するのは、上司の意向が忖度出来る人ではないのでしょうか。
上司の意向を無視して、逆らってばかりのヤツは大概どっかに飛ばされますよね。

なんで皆ピント外れの議論ばかりしているのか不思議です。
そんなこんなでニュースを見たり、新聞を読んでいるとますます暑くなる今日このごろです。
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

SMB建材会-1
7月28日 金曜
午後からSMB建材会がありますので、広島へ移動。
290728-49
午前中は「広島県立美術館」へ行きました。
先日「ひろしま美術館」の学芸部長さんの講演を聞き、多少興味が湧いてきましたので。

290728-95 290728-65
それに美術館は「縮景園」の入り口にもなっていました。
こちらは65歳以上無料。
だからでは無いのですが、広島には何百回も来ていますが、ここは初めてです。

290728-99 290728-06 290728-10
東屋やお茶室も復元してあります。

290728-26
ビルの谷間の清涼剤と云いたいのですが、暑かった!

290728-71 290728-63
この後、ひろしま美術館へ。
先日の講演には特別展の招待券も入っていましたので。

それにフランス印象派のお話しを聞いたばかり、所蔵作品の解説も。
直後ですから、いくら私でもまだ覚えています。
こうゆうのが良いですね、大変よく理解が出来ました。
何も無ければ、フンフンと見て回るだけですから。
エアコンも快適で、お陰で汗が引きました。

290728-68
3時からは目の前のホテルへ。

290728-81
最後の中四国みすみ会で挨拶するSMB建材の角柄(かくがら)社長。

290728-00
総会でSMB建材会へ名称変更がすみ、閉会の挨拶はSMB建材の鈴木副社長。
元丸紅建材の社長です。

290728-09
記念講演は新幹線のカリスマ販売員さんでした。
話は面白かったです。
ただし今後は新幹線に乗るときは、ビールは持ち込みます。
これだけはホームで買うより高いそうですから。

290728-23
懇親会は32階でありました。
広島城手前の丸い建物がひろしま美術館です。
○が原爆ドーム、□が宮島の回廊のイメージという説明でした。
いずれも世界遺産です。

290728-34
冒頭の挨拶はSMB建材の植木会長。
社長から会長というのはこの会社では初めてのケースです。

290728-50
高橋 中四国営業部長からスタッフの紹介が。
彼はこれまで岡山営業所長でした。
四国も長く勤務していますので、中四国のことは知り尽くしています。

290728-47
石川社長(岡山、大三商行・左)と田中部長(SMB建材)に囲まれて、大学の同窓会になりました。
二次会もあったのですが、もう限界。
これで失礼しました。
暑い中よく歩きましたし、明日も朝早くからゴルフですので。
年寄りはご迷惑をかけないようにしませんと。





*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

山口に行きましたーその1
7月27日 木曜
今日は広島から山口に移動。
明日も広島で会合があります、一日だけ岡山に帰っても。
290727-63 290727-06
と云うことで、まずは萩市へ。
「大照院」は中国観音霊場第20番札所ですが

290727-33 290727-02
毛利家の墓所です。
東光寺が有名ですが、あちらは奇数で、こちらは偶数の代々の殿様が祀られています。

290727-58 290727-09
第21番札所の「観音院」は漁村の丘の上にありました。

290727-48
目の前に見えるのが萩城址。
このあと萩は既に何回も歩いていますので、防府市へ移動。

290727-66 290727-72
「防府天満宮」へ参拝しました。

290727-91 290727-86
明治6年に完成した「春風楼」からは防府市内が一望出来ました。
近所には周防国分寺や毛利邸、毛利庭園があるのですが、いずれも行ったことがあるので

290727-28
「英雲荘」へ。
もともとは萩藩の三田尻港における公館で、明治以降は毛利家の「三田尻別邸」として使用されました。

290727-74 
右の平屋部分が玄関棟。

290727-24 290727-00
ここからあげて頂きました。

290727-72 290727-002
右から玄関棟、大観楼棟(二階建て部分)、奥座敷棟と並びます。
ただし江戸時代の建物はこの大観楼棟のみです。

290727-09
廊下を行きますと

290727-19
三間続きのお座敷に。
江戸時代の建築ですから、もちろん照明はありません。
天井は本来は格天井だったそうですが、幕末に和紙に張り替えたそうです。

290727-07 290727-11
出書院付きの床の間はスッキリしたもの

290727-15
お床の材料はケヤキの玉杢で揃えてありました。

290727-14
磨き丸太をあわせた、良い仕事をしていました。

290727-25
二階も拝見

290727-50 290727-35
かつては港が直ぐ側まで来ていたそうです。
海でも眺めながら、宴会でもしたのでしょうか。

290727-55 290727-60 290727-62
奥座敷棟は明治31年の建築。
照明がついていますが、天井竿は床刺しでした。

290727-19 290727-86
花月楼は明治21年に移築

290727-88 290727-96 290727-97
お茶室として使用されました。

*英雲荘
住所  :防府市お茶屋町10-21
電話  :0835-23-7276
観覧料 :300円
休館日 :月曜(祝日の場合は翌日)

ー続くー











*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード