2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
横浜に行きました
9月20日 水曜
横浜で㈱ナイスの経営者会議がありました。
290920-28
冒頭ナイスの平田社長が挨拶。
この度 韓国の釜山にプレカット工場を新設したと報告が。
地図を逆さにして見ると、釜山港から日本の各港へは直行できるそうです。
北朝鮮から見ても同じことなんですが、こちらは勘弁してもらいたいですね。

290920-43
続いてはニチハの山中社長の講演。
成功した企業の条件を教えていただけました。
実はこの方は住友銀行の元岡山支店長で私と同学年です。
ニチハには三代続いて三井住友銀行から社長が行っています。
10年以上前ですが、安定株主対策でニチハ株を付き合わされました。
当時の株価は2000円以上だったのですが、それが見る見る1000円台に。
それが6年前に山中社長になり、今や4000円に。
株式欄の「窯業」の一番最後を見てください。
しっかり企業価値をあげられました、株価は経営者の通信簿ですから。

290920-51
次は日本銀行横浜支店の幡本(はたもと)支店長。
先程の山中社長とこの方は、共に東京大学法学部。
やはり頭の良い方は違いますね。

290920-64
最後に静岡県にある「日本建築専門学校」よりPRが。
この学校は元々静岡の菊池建設が造ったものです。
創業者の菊池さんは、大工さんあがりですが、日本でも有数の木造住宅専門の工務店に育て上げました。
そしてこの、おそらく日本で唯一の大工さんの専門学校も。
ただ創業者がお亡くなりになったあと、息子さんもいたのですが、今はナイスの傘下に入りました。
詳しい事情は存じ上げません。
私の経験則では、工務店の事業継承が上手くいくのは1割以下です。
ただ大工職人さんのなりては、まだまだ希望が持てます。
最近では女性、外人さんもいます。
伝統技術の継承のために、こうした学校が増えていくと嬉しいですね。


スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

山形に行きました-番外
9月19日 火曜
今日は普通に出社しましたので、山形の話の続きを少々。
290919-30
16日はツバサで山形へ。
7月に山形新幹線のカリスマ販売員さんの講演を聞いたので、密かに期待していましたが、もちろん本日の販売員は別人。
しかも三連休の初日とあって満席の社内。
やっとワゴンが回って来たときはお弁当は一種類のみ。

290919-30 290919-31
でもこの上等すきやき弁当(@1300円)美味しかったですよ。
卵は温泉卵でこれを上にかけて頂きました。

290919-11
17日のお昼は新庄駅前でお蕎麦を。
ちょうどレンタカー屋さんの前がこのお店、というか他に開いている店がありませんでした。
レンタカー屋のおねえちゃんに、前の蕎麦屋美味しい?と聞くと、ラーメンが美味しいとのお答え。
確かにラーメンもあり、だいぶ迷ったのですが、やはり山形蕎麦をまだ食べてないので、天ざる(@1300円)にしました。
美味しかったのですが、天つゆもこちらは付けるのですね。

ところで山形といえば、食べ物では「芋煮」、フルーツでは「サクランボ」ですよね。
実は17日は山形市の河川敷で日本一の大芋煮会が開催されました。
台風で地元の人はかなり気に病んでおられました、一大イベントなのでしょう。
芋煮は16日の懇親会と17日の朝食に出てきたのですが、牛肉と小芋プラス色々の野菜を醤油と砂糖で煮込んであります。
率直な感想は汁の多いすき焼き。
小芋をジャガイモに換えたら、完璧なすき焼きになります。
但しこれは内陸部の話、酒田、鶴岡などの海岸部に行きますと、肉は牛肉から豚肉へ、汁は醤油から味噌になるそうです。
ただこんなもののことを岡山では豚汁とよぶのですが。

290919-17 290919-88
駅にはこんなお土産が並んでいます。
しかしすき焼きの入ったカレーや、サクランボ入りのピンク色のカレー、どう思われますか。
私には手が出ませんでした。

290919-27
これは新庄駅。
山形のお祭りといえば花笠音頭しか知りませんでしたが、こんなのもあるのですね、初めて知りました。
ただ並んで漬物を売っていたお婆ちゃん、お二人の会話は全く理解が出来ませんでした。

それはさておき、明日からまた少々お出かけをして来ます。
今度も北の方角です。
25日から再開しますので、また宜しくお願いします。


*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

山形から帰りました
9月18日 月曜
今朝東京から帰りました。
当初の予定では、17日は終日新庄盆地の見学で夜は山形市泊まり、18日の朝に東京経由で帰郷するはずでした。
それがご存知の台風18号の列島縦断。
予報では18日の朝が山形最接近でした。
もし山形新幹線が止まれば、三連休の最終日でも有りますし大混乱必至。
じゃあ17日に岡山に帰ると、台風の中に突っ込むようなもの。
ということで
A案;予定通り18日の朝 山形から帰る
B案;予定をすべてキャンセルして17日に岡山に帰る
と選択肢があったのですが、結局選んだのは折衷案。

17日の午前中だけ山形を見学して、その日のうちに東京へ帰り、岡山には18日に朝帰りをしました。
キャンセルと乗車券の変更も上手くいき、お陰で傘が要ったのは東京だけですみました。
もっとも山形の人の話では、東北に来る台風なんてアッという間に通り過ぎるよ、ということでしたが。
(実際そのとおりでした)
まあまた山形を訪れる機会はまだいくらでもあるでしょう。

今夜は敬老の日ということで、母を囲んで長男一家、三男一家と鍋パーティを。
290918-07
母はもう少しで92歳。
ひ孫は8人います。
少し膝が悪いので杖がいるのですが、他はなんとも。
死ぬような気がしないというのが口癖です。

それはさておき、今日もハルちゃんに「ワンワンはどこに行ったの?」と聞かれてしまいました。
死んだっていうことを、どう教えたら良いでしょうかね?

話は全く変わるのですが、本日の興信所のレポートによりますと、昨年まで通っていたホームドクターの医療法人が倒産していました。
クリニックや通所リハビリテーションなどを、手広く経営していたのですが、昨年夏に本人が死亡。
うちのカミサンの同級生でしたから、私より1歳歳下でした。
奥さんとは離婚してますし、後継者もいませんでしたからしょうがないですね。
ちょうど一年前のことでした。
こうしてみると医療法人の事業継承も難しいですね。
医療行為を行うという能力と、医療法人を経営するという能力は全く次元の違う世界のものですから。
私の友人の医者でも、親の跡を継がず勤務医として活躍をしているのもいます。
逆に医師の資格は無いのですが、医療法人の経営者として成功しているのもいます。
近所にクローズした診療所を散見するようになりました。
病院の建物って潰しが効かないのです。
居抜きで誰かに入ってもらうか、それこそ潰してしまうか、しか選択肢がありません。
なんとももったいない話ですが。
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

山形に行きました-2、その1
9月17日 日曜
今日は木材部会の連中は山寺(立石寺)参拝ですが、私はお参りしたことがあるので、単独行動で新庄市へ行きました。
まず行ったのは金山町(かねやま)。
美林として有名な金山杉を拝見に。
実はネットで検索してもはっきりと場所が特定出来ません。
ナビにも出てこないので、手こずるだろうと思っていたのですが、案ずるより産むが易し。
大きな看板がありすぐ解りました。
290917-94
駐車場から蕎麦畑をぬけると直ぐに到着

290917-08 290917-27 290917-13
これが「大美輪(おおみのわ)の大杉」です。
300年前に植えられたものですが、平均胸高直径106cm、最大152cm、平均樹高49m、最高59mの金山杉が115本あります。
材積の合計は2000㎥にも。
人工林とはいえ一見の価値はありました。

290917-28
蕎麦畑の向こうの「竜馬山」は何かいわくがありそうです。

290917-34 290917-35
実はこの「遊学の森・木もれび館」を目指していると、少し手前に大美輪の大杉の看板がありました。

290917-55 290917-71
次に町の中心部へ。
まず木製の橋「きごころ橋」を渡りました。

このとき場所が解らず尋ねた人が、たまたま大工さんで、その人が橋をかけた棟梁を紹介してくれました。
290917-38
右の方が棟梁さん。
お話が出来て良かったです。
随所に職人さんの技術が活かされた「きごころ橋」でした。

290917-76 290917-79
このあと街中を歩きました。
角にあるこれは「まるい邸」、このあと出て来る邸名はすべて屋号です。

290917-81 290917-82
前にあるのは「蔵史館」、蔵を移築してあります。

290917-84
本日は写真展を開催中。
柱が間中(約1m)おきにあるのが蔵の特徴、強度を増すためで、材木はクリで、これも耐久性が良いからです。
クリは普通は土台に使います。

290917-93
隣の「カネカ邸」は本日公休日。

290917-25 290917-04 290917-17
「マルコの蔵」にはギャラリーがありました。
スギの梁丸太が面白いですね。

290917-19 290917-51
「いちやま邸」は大きなお屋敷です。

290917-39
裏の「大堰(おおぜき)」沿いの納屋の屋根は、杉皮葺き、自然石押さえでした。

ー続くー









*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

山形に行きました-2、その2
290917-48
大堰公園には鯉が放流してありました。
右上の屋根の葺き方を見てください。

290917-28
角の蔵の後ろのモスグリーンの建物が金山町役場です。
かつては役場のあたりが主屋だったようです。

290917-35
役場の前にはこんな家が。
こうした木組みが金山の家の特徴ですね。

290917-74 290917-60 290917-46
ただ最近の家はこんな感じです。
高基礎のところまで積雪があるのでしょう。

これで金山町をはなれ新庄市へ。
290917-65
途中 田園の真ん中にこんもりした林が

290917-75
石動神社(いするぎ)です。
杉林を本殿に向かうと

290917-82
これが「親杉」です。
推定樹齢1000年、樹高38m、目通り周囲7,7mですが、死んだ親父から社木は根元を踏まれるので、必ずウト(空洞)が出来るから買うな、といわれています。

290917-90裏にまわるとキッチリと。
材木としての商品価値はゼロですが、老木らしい佇まいにしばし見とれました。

290917-08 290917-04
最後に「旧 矢作家住宅」を見学。
江戸期中期の百姓屋で重要文化財です。
主屋から馬屋が突き出しているので、「まや中門造り」と呼ばれています。

以上で今回の見学は終了。
まだまだ見学したいところはあるのですが、そろそろにしませんと、午後からは雨の予報です。
ちょっと風が強かった程度で済んだ新庄盆地でした。



*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード