2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
梅雨があけました
7月20日 木曜
岡山市北区で取引先工務店さんの事務所開きがありました。
290720-18
これが近藤建設興業さんの新事務所。

290720-26
一階は打ち合わせスペースと事務所。
当社担当の吉岡(左)と圓山です。

290720-21
二階には構造とパッシブソーラーの展示が。

290720-41
オープニング式典終了の後、近藤社長を囲んで。
当社社長が協力業者会会長としての挨拶、私が来賓祝辞をさせて頂きました。

290720-16 290720-11
我が町内でもかねてより建築中だった、不動産屋さんの事務所が完成しました。

290720-03 290720-39 290720-95
同じくこの現場も完成しました。
両方共取引先の施工です。

岡山はアパート、マンションも多いですが、戸建ても悪くありません。
史上最低の低金利のせいだと思うのですが、どうでしょうか。
アベノミクスもなんだかんだとは云われてはいますが、景気は決して悪くはないと思います。

290720-05 290720-02
ところで先日からハルちゃんが毎日来ています。
眼が痒いらしく、眼医者に連れて行っていますので。
でも本人は至って元気に走り回っていますので、ご心配なく。
ただバアサンのほうが少々夏バテ気味。

290720-74
先日もハルちゃん用のカレーを温めて、猫舌なので一生懸命団扇で扇いで冷ましています。
そんなら最初から温めなければ良いのに、と思うのですが・・・

梅雨もあけました、これからが本格的な夏です。
猛暑の折からくれぐれもご自愛ください。



スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

佐賀、福岡に行きました
7月17日 月曜
今朝は佐賀市歴史民俗館を見学しました。
ここは単体の建物ではなく、多くの古建築、古民家の集合体です。
290717-41 290717-48
まずは旧 古賀銀行へ。
大正5年当時の姿に復元されています。

290717-41 290717-58
隣の旧 古賀家は古賀銀行の創設者の住宅。
明治17年に建てられた大きな家ですが、修復工事中で拝観不可でした。

290717-57
旧 三省銀行は明治15年の建築。

290717-45 290717-46 290717-51
旧 牛島家は江戸時代の町家建築を移築してありました。

290717-64 290717-43 290717-52
これらの古民家はリノベーションしてテナントが入っていました。

290717-62 290717-64 290717-36
旧 福田家を見学しました。
大正7年の建築です。

290717-66 290717-73
入ってすぐの左は和風の応接間、右は洋風でした。

290717-75 290717-80 290717-13
奥座敷はスッキリしたもの。
床柱はスギの四方柾、天井板もすべて柾目でした。

290717-12
更に奥には二間続きがあり

290717-99 290717-05
お茶室になっていました。

290717-16 290717-22
表の本座敷はほとんど佐賀錦の織り実演や、展示に使われていたので床の間だけ。
仕事も良かったです。

290717-32
お庭からも拝見しました。

*佐賀市歴史民俗館
住所   :佐賀市柳町2-9
電話   :0952-22-6849
入館料  :無料
開館時間:9:00~17:00
休館日  :月曜(祝日の場合は翌日)

290717-76 290717-81
この後 福岡県久留米市に移動。
まずは観興寺に参拝。
九州西国霊場18番札所です。

290717-89 290717-08
最後に筑後国一宮の高良大社へ参拝。
ここも修復工事中でした。

290717-97
筑後平野が一望出来ました。

ところで佐賀から朝倉ICで降りたのですが、筑後川北部流域は泥だらけ。
せっかく田植えをしたばかりの田んぼが、泥に埋まっていました。
被害の集計はこれからなのでしょうが、林業、農業にも莫大な被害が出ていることでしょうね。
改めて胸が痛みました。

ー了ー














*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

佐賀に行きました
7月16日 日曜
290716-07
今朝はゆっくりと平戸市内を散歩。
まずはホテルの近所、最教寺へ。

290716-15
この後 平戸城へも。
平戸湾の向こうには復元された商館も見えます。

290716-12 290716-15
今日は平戸から佐賀県唐津市へ。
最初に行ったのは鵜殿石仏群。

290716-09 290716-10 290716-64
巨石や岩陰に磨崖仏が60体も

290716-67
胎内くぐりもありました。

290716-17 290716-32
次に小城市の宝地院へ。
九州西国霊場21番札所ですが

290716-43
それより清水の滝で有名。
特に本日はクーラーの前に立っているようで最高でした。

290716-61
神埼市の地蔵院は九州西国霊場20番札所、尼寺でした。

290716-67
目の前がお庭で有名な九年庵、ただここの一般公開は秋の紅葉の時期だけ。
地蔵院の千手観世音菩薩もそれにあわせて御開帳されるそうです。

290716-78
手前には江戸時代末期の医師、伊東玄朴の生家が。

290716-81
天井竿が床刺しに入っています。
普通 武家は嫌うといわれますが。

290716-53
次に肥前国一宮の與止日女神社(よどひめ)と

290716-91 290716-11
同じく千栗八幡宮(ちくり)にも参拝。
このように二つ以上あるケースは多いのです。

290716-05 290716-08
本日のシメに佐賀城へ。
100名城で以前見学したことはあるのですが、とりあえずクーラーのある所に行きたかったので。
吉野ヶ里遺跡も近いのですが、すでに2回見学していますし、あの広い敷地をこの炎天下歩くのはどうも。

290716-24
これは復元されたお座敷。
ここも床刺しですし

290716-30
これは移築された部分。
ということは昔からそうだったのですね。
お床の方向に天井竿を入れるのは、床の間を背にして座っている人(普通は一番えらい人)に対して
失礼だと云われるのですが。
ただし九州ではよく見ます。

ところで今夜は佐賀市内に泊まります。
実は初めてです。
これで47都道府県の県庁所在地でまだ泊まったことが無いのは、千葉県と埼玉県だけになりました。
この2つはその気にさえなればいつでも。
まあ別にどうでも良い事ですが。

ー続くー







*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

平戸に行きました
7月15日 土曜
290715-75
今朝は平戸に帰ります。
天降神社でこのバスに乗り神浦から的山港へ。

290715-77
100円で島内をほぼ一巡します。
驚いたのはドライバーが乗客全員の家を知っていること。
バス停に関係なく、自宅の最寄りの場所で乗り降りが出来ます。

290715-84
棚田と風力発電の多かった大島でした。

290715-10
的山港から平戸港までのフェリーで。
右奥の島が生月島、手前が渡島。
どの島にも断崖絶壁、柱状節理が見えます。

今日は平戸市内のキリスト教教会群を見学しました。
290715-33 290715-46
まず行った田平教会は本土

290715-47 290715-53
次に平戸島の宝亀教会(ほうき)、

290715-61 290715-72
紐差教会(ひもさし)を訪問しました。

290715-87
次に生月島に渡り、山田教会へ。

290715-96
このあと生月島の最北端を目指し、途中の塩俵断崖では六角柱状節理があり

290715-05 290715-22
大バエ灯台からは的山大島が見えました。

290715-29 290715-42
帰りは西側のサンセットロードを走りました。
ただ牛がのんびりと放牧されているのは良かったのですが、牛注意の標識がいたるところに。

290715-44 290715-51 290715-53
生月島の最後に博物館へも。
1Fは鯨漁、2Fは隠れキリシタンのコーナーでした。

290715-69
今夜の泊まりは平戸市内なので、ザビエル記念教会へも立ち寄り

290715-00
幸橋近くのホテルへ。

ところで地元では、今回訪問した教会群を中心に世界遺産登録を目指しています。
ただいずれも明治後期以降のいわば近代建築物。
江戸時代にあるわけはありませんので。
中には昭和の建物も。
気持ちは解るのですが、この程度の古さならヨーロッパならいくらでも有りそうなのですがねえ。
まあそれで隠れキリシタンと結びつけようとしているのでしょうが。

しかし以前 隠れキリシタンは土着の信仰とミックスして、本来のキリスト教とはまったく異質なものだ、という考察を読んだことがあるのですが・・・

ー続くー





*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

大島に行きました
7月14日 金曜
今朝は広島から長崎県平戸市へ移動。
290714-67
平戸からフェリーで大島村に行きました。

290714-76
45分で的山大島への的山港へ。
ここから島内循環バスで神浦港に。
神浦は「こうのうら」と読みます。
ここまではアリなのですが、的山は「あずち」です。
これはムリムリ。

290714-72 290714-75
神浦の天降神社で降りて、上から見ると。
今はひっそりとした漁村ですが、かつては鯨漁で栄えたそうです。

290714-08 290714-04 290714-80
これが神浦の町並み。
昔は殆どお店だったそうですが、今は半分近くは空き家。

290714-83
重要伝統的建造物群保存地区です。

290714-84
この方杖の形で建築年代が解ります。

290714-50
こうした板戸も特徴的でした。
これで全国110箇所ある重伝建地区も残り1箇所となりました。
それも沖縄の離島ですが。

ところでいつもならこれで島を離れるのですが、今回は神浦に泊まりました。
290714-57 290714-56
それも古民家を改装した民宿です。

それが一泊二食で7,000円だったのですが
290714-29
こんな制度が有りました。
今回は新鳥栖からレンタカーを利用したので、フェリー代とあわせて3,500円のキャッシュバックが。
平戸観光をされるなら今のうちですよ。

ー続くー







*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード