2016/12
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
師走
12月1日 木曜
281201-33 281201-35
隣の町内の田んぼが造成され、何が建つのかなあと見てると、
あっと言う間にアパートが。
それも3棟も。
うち2棟は3階建てです。
いずれも軽量鉄骨造のプレハブメーカーです。

281201-14
今朝の日経にもアパートブームが地方に普及した、とありました。
確かに実感出来ますね。

281201-02 281201-10
特に最近の傾向は、この2現場のように古屋を解体しての、アパート建築です。
これらのオーナーさんは土地から購入しているようです。
今までは遊休地の活用が主体だったのですが。
不動産屋さんの話によると、利回りは5~6%になるそうで、
これだけの低金利時代ですから、全額借り入れをしても充分利益が出ます。
サラリーマンが副業とするケースも増えているそうです。

281201-02
これも先日の日経の記事ですが、賃貸収入のあてがはずれることも多いそうです。
首都圏郊外ではアパートの家賃の低下が著しいとの話もよく聞くのですが。
地方もいずれは・・・?
人口減少の時代ですから、そうゆうリスクはあります。

281201-06
話は変わりますが、今年もあと一月となりました。
私の四ヶ月カレンダーもこれで最後の一枚。
ただ忘年会は、さっぱりお座敷がかからなくなりました。
まあそれで良いのですが。
反対に新年会は既に10件 入っています。
お陰で1月の予定はほぼほぼ埋まりました。
来年もアクティブに動けそうです。








スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

来年の計画
11月30日 水曜
いよいよ明日から師走、今年も一年が経つのが早かったですね。
12月決算の当社は来季の計画策定も大詰めです。
その件は私は一切口出ししていませんので、今はもっぱら個人的な次年の計画を策定中です。

100名城、日本の史跡101選、重伝建地区巡りはゴールが見えてきました。
諸国一宮巡りは二周目に突入。
西国三十三観音巡りもゴールしましたし・・
今日は何か良いテーマは?と思い本屋へ行きました。
281130-05 281130-07
これらはほとんど行ったことがある所ばかりでした。

281130-10
古戦場は何箇所か行った事があるのですが、それらしい雰囲気があったのは、関ヶ原と長篠の古戦場くらい。
殆どは公園に看板か銅像があった程度。
桶狭間なんかは住宅街のど真ん中でした。
100名山の登山はハナから無理なので対象外。

281130-18
ある先輩から天皇陵を巡ってスタンプを集めては、とアドバイスも頂いたのですが

281130-19
先日この本を読むと、42ある古代天皇陵のうち、被葬者と宮内庁が指定している古墳で、考古学的にほとんど疑問が無い、とされるのは天智天皇陵、天武天皇陵など数える程度です。
神武天皇陵は明治30年に造られたものですし、2~9代のいわゆる欠史八代の天皇陵のうち、半分以上はそもそも古墳でさえ無い自然丘だといわれています。
今上天皇に直接繋がる継体天皇陵にしても、宮内庁は太田茶臼山古墳を指定して厳重に管理しています。
しかし実際の継体天皇陵だと考古学者が考えている今城塚古墳は、公園化され誰でも自由に出入り出来ます。
となるとどちらに行けばよいか解りませんね。

*天皇陵の謎
著者  :矢澤高太郎
発行日 :2011年10月
発行  :文春新書
定価  :800円(税別)

281130-20
結局これを購入。
今まではモノを見学してきました。
でも今年は紅葉を多く見てこれも悪くは無かったです。
桜の時期、紅葉の時期、また各地のお祭り、イベントに合わせて行くのも良いですね。
モノよりコトに重心を移してみます。
ただそれだと人は多そうですが・・・
まあ しばらく眺めて身の振り方を考えることとしました。


*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

現場監督塾
11月29日 火曜
281129-07
現場監督塾、第2期生の研修会を当社会議室にて開催しました。

281129-04
講師はいつもの田中先生です。
対象は取引先工務店さんの若手の監督さんです。
今回は第4回目、原価管理についてお勉強して頂きました。

我々の業界は人手不足が悩みのタネ。
岡山の有効求人倍率は1,7倍なのですが、建築業界は3~5倍とも。
中でも現場監督さんは10倍とも20倍ともと言われています。
量の不足を、質で補おうというのが、我々の意図するところです。

人手不足対策は、
①高齢者
②女性
③外国人
の活用しかありませんが、それも中々一気には行きません。
待遇改善にも勤めながら、少しでも優秀な人材を確保していきませんと、企業の存続に関わることになります。
最近は特に長時間労働にも厳しい目が向けられています。
建築現場での生産性向上が喫緊の課題です。
こうした研修会のような地味な努力を、積み上げていくしか無いでしょうね。

281129-05
ところで本日はこの本を紹介します。
まずは目次から

はじめに 建築で「民主化」を語る理由
序章    民主化する建築、三つの世代
第1章   建築の近代ー第一世代の民主化
第2章   建築の脱近代ー第二世代の民主化
第3章   マスカスタマイゼーションー第二世代が辿り着いた日本の風景
第4章   生き方と交差する時、建築は民主化する
第5章   第三世代の民主化、その作法

著者は工学博士で現在、東京大学大学院光学系研究科建築学専攻教授です。
扉によりますと、
ケンチクとタテモノ。居住のための「箱」から暮らし生きるための「場」へ。
「箱」は人と人をつなぎ、コミュニティとなる。
これからあるべき「ひらかれる建築」の姿を、「民主化」をキーワードに描き出す。
とありました。
著者のいう第二世代の建築業界に身を置いた一員として、大変興味深く読ませて頂きました。
興味がお有りの方にはお勧め出来ます。

*ひらかれる建築ー「民主化」の作法

著者  :松村秀一
発行日 :2016年10月
発行  :ちくま新書
定価  :780円(税別)


*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

広島に行きました
11月28日 月曜
281128-16 281128-30 281128-26
今夜から岡山駅前にて、桃太郎ファンタジー2016が始まりました。
クリスマスまでの約1月点灯されます。

先週の木曜、24日に広島で中国タイガー会の役員会がありました。
来年の総会で任期満了なので、そろそろ会長の交替をお願いしたのですが、敢え無く却下。
私は役員の中では若いほう、70代はもちろん80過ぎの方もおられますので・・
281128-18 281128-15 281128-11
ところで広島の夜もキレイでしたよ。
平和大通(100m道路)沿いにズラ~っと。
規模では負けているでしょうね、このあたりが100万都市と70万の違いでしょうか。
でもこうゆうのを見るとそろそろ今年も終わりに近づいたと感じますね。

という事で今年を振り返ると、最近の話題では例の沖縄での機動隊の土人発言でしょうか。
私にいわすと、当然 双方言い合っているのでしょう。
でも住民側(ほとんど県外、地区外からのですが)の暴言は無視され、公務員だけ取り上げられているような気がしますが。
そんな末枝ばかり見ず、もっと森を見るべきではないでしょうか。

281128-01
そこでこの本を紹介します。
まずは目次から
第一章 沖縄人民の民族自決?ー沖縄独立論という虚構
第二章 「真実」を報道せず「感情論」を煽り立てるー沖縄とメデイア
第三章 民主主義を守れてないのはどちらだーあまりに悲しき不透明な政治
第四章 これ以上、普天間について嘘を言うなーいまこそ持続的で包括的な政策を
第五章 日米同盟と海兵隊が日本に欠かせない理由ー世界のために何をすべきか

著者は政治学博士で、大阪大学大学院准教授。
また沖縄の海兵隊の政務外交部にも勤めたことのあるアメリカ人です。
現在の出口の見えない沖縄問題を理解するための一助になりました。

*だれが沖縄を殺すのか
   県民こそが”かわいそう”な奇妙な構造

著者  :ロバート・D・エルドリッジ
発行日 :2016年4月
発行  :PHP新書
定価  :800円(税別)





*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

木の美
11月26日 土曜
281126-11 281126-08
倉敷市立美術館で開催中の特別展「木の美を求めてー昭和斉とその周辺ー」を見学しました。
大野昭和斉は倉敷市出身の工芸家。
銘木を材料に机、飾り棚、箪笥、飾り箱などの木工工芸品を残しています。
生前にはご交友を頂いており、当社からも銘木を何点もお求め頂きました。
業界でご講演をお願いしたこともあります。

今回の展示品の材料も、
桑の葡萄杢、肥松、欅の玉杢、黒柿など銘木揃い。
久しぶりに目の保養をさせて頂きました。
撮影がNGだったもので、ご興味の有る方はご自身の目でお確かめ下さい。
12月18日までが会期ですので、お早めにどうぞ。
なお入館料は500円ですが、私のような高齢者(65歳以上)は半額でした。

281126-15
せっかく倉敷まで行ったので、久しぶりに大原美術館へも。
さすがに大勢の人出でした。

281126-21
夜は岡山市内に戻り、JCのOB会へ。
30年来の付き合いのあるいつものメンバーです。
メンバーの一人のお母様が先日亡くなられていました。
ご葬儀はご家族だけで済まさたとのこと。
認知症も入り、長年介護されていたので、ある意味ホッとされていました。
私の母と同じくらいの歳では有るのですが。
最後は眠るが如き大往生だったそうで、これで彼も肩の荷がおりたのでしょう、
今夜は妙に明るかったです。

もう一人訃報が入りました。
自宅の前で寿司屋の看板をあげていた大将ですが、60歳ごろに脳梗塞をして、その後は入退院の繰り返し、
最近はガンで闘病中でしたが、今月の17日に亡くなられていました。
昭和25年2月産まれ、私より1歳年上でした。
これもお葬式はご家族だけで済まされていましたので、近々お悔みに行ってこようと思っています。

最近喪中欠礼のハガキが多く届きます。
親御さんなら、当たり前で驚きもしないのですが、中には本人のも。
奥様や子供さんからの通知には、本当に心が痛みます。



*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

最新記事
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード