2018/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
大阪に行きました-1
2月20日 火曜
タカラスタンダードの新春懇談会が大阪でありました。
300220-46
渡辺社長のお話のあと、野口営業本部長の新商品発表がありましたが、
席が一番前。
これでは居眠りも出来ません。

300220-57
続いての懇親会も大勢の人人・・

300220-55
乾杯の挨拶は丸産業の丸 社長。
ここでも一番前の席でした。

それはそうと今日は少し早く着いたので大阪城公園の梅林に行ってみました。
300220-17 300220-19
まだ少し早かったですかね。
まあでもそれなりに。

300220-36 300220-30
ところで城内にはこんな建物が。
以前は博物館か何かだったような?
一階はレトロな雰囲気なショップ、二階三階はオシャレなレストランに変身していました。
ターゲットは明らかにインバウンド。

300220-27
団体観光客は全員外人さん、春節のせいでしょうね。
平日の昼間ですから、日本語を話している方が少なかったです。

300220-77 300220-80
話は変わりますが、これは昨日の読売新聞。
所有者不明土地の問題は早急に手をうってもらいませんと、大変なことになります。
ただ資本主義の根幹に触れる問題でもありますので慎重な議論が必要、というのはわかるのですが。



スポンサーサイト
*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

九州に行きました-3、その1
2月18日 日曜
昨日は熊本から福岡県柳川市に移動、柳川で泊まりました。
300218-52
柳川は水郷として有名。
名物は川下りです。

300218-65 300218-61 300218-62
朝イチは三柱神社に参拝しました。
祀られているのは立花宗茂と岳父の戸次道雪に誾千代(ぎんちよ)です。

300218-71
街にはこの幟がいたる所に。
立花宗茂は戦国時代終末期の猛将。
誾千代の婿養子ですが、奥さんには頭が上がらなかった様子。
関ヶ原で西軍についたため改易されますが、後に復活したという珍しい経歴の持ち主です。

300218-22 300218-33
その旧立花邸「御花」を見学しました。
まずは洋館から。

300218-14
通路に有るのは柳川独特の雛飾り「さげもん」です。

300218-22 300218-23
各部屋にも

300218-24
二階も拝見

300218-31 300218-25
なかなかの造りでした。


300218-95 300218-96
大広間も拝見しました。

300218-09
展示会が開催中。

300218-06 300218-00 300218-03
一時宴会場になっていたそうで、だいぶ手が入っていました。

ー続くー








*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

九州に行きました-3、その2
300218-75 
立花邸から北原白秋生家へ行きました。

300218-48 300218-49 300218-60
明治初年の建築で造り酒屋を営んでいました。

300218-50 300218-55 300218-53
勘定部屋からお座敷へ。
ここも さげもんで溢れています。

300218-70
裏の川沿いの離れが白秋の部屋。
裕福な家庭で育ったようです。

300218-02 300218-04
次に旧 戸島家住宅を見学しました。
柳川藩の上級武士の隠居屋ですが、茶室として使用されました。
200年ほど前の建物、何となく数寄屋風の匂いがします。

300218-82 300218-84
このような座敷もあります。
天井竿が床刺しなのは九州の武家屋敷には多いです。

300218-96
ここにも さげもんが。

300218-00 300218-98
ここがお茶室。

300218-88
こじんまりとシャレた造りでした。

ー続くー









*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

九州に行きました-3、その3
300218-14 300218-18
この川べりに柳川の観光ポイントが集中しています。

少し離れた商店街には
300218-23
こんな巨大さげもんがありました。
今の時期はこのお陰で賑わうようです。
(柳川雛祭りは2月11日から4月3日まで)

お昼は川べりのうなぎ屋へ。
300218-45
皿屋 福柳へ入りました。
入り口はこんなですが、奥に行くほど広くなる大きなお店でした。

300218-37 300218-39
せいろ蒸し(2500円)と、むつごろうの甘露煮(500円)をいただきました。
今回初めてマトモな飯を食べました。
昼はずっと麺類、夜は酒のツマミ程度でしたので。
これで満足したので、あとは続・百名城の久留米城に寄って帰ります。
天草諸島、震災後の熊本城、田原坂、柳川と駆け足でしたが充分堪能した九州でした。

ー了ー

*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

九州に行きました-2、その1
2月17日 土曜
天草から熊本市内に移動、今日はいい天気です。
気温もグングン上がり昼からは窓を開けて走りました。
300217-46
島原半島方面です。
正面にうっすら見えるのが雲仙普賢岳。
右手前の小島が、島原の乱のとき島原と天草のキリシタンが会議をした「談合島」です。

300217-48 300217-50
熊本城に行きました。
震災以来初めてですが、加藤清正公の銅像の後ろの「馬具櫓」はこんなことに。

300217-62
重要文化財だった「長塀」は倒壊したのですが、石垣は残っていました。

300217-70
その先には谷干城の銅像が。
西南戦争時に熊本城を守った政府軍のトップです。

300217-01
「未申櫓」は健在でしたが

300217-09
これは「西大手櫓」。
城内はもちろん立入禁止です。

300217-34 300217-39
「戌亥櫓」は、まさに首の皮一枚。

300217-61
「加藤神社」に参拝。
木造の「宇土櫓」は残っていましたが

300217-62
鉄筋コンクリート造の「大天守閣」はダメでした。
ほんの気持ちだけ募金させて頂きました。
天守閣は西南戦争時に焼失していますので、無くても良いのでは、とも思うのですが。

300217-87
ところで明日はマラソン大会が有るようです。

300217-93
さすがは熊本人、街には活気を感じました。

ー続くー



*** ランキング参加中 ***
ブログランキングバナー
*** クリック応援お願いします ***

最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

野崎 和良

Author:野崎 和良
ウッディワールドのざき 取締役会長
生まれた所 : 岡山市下西川町(現 岡山市北区南中央町)
生まれた年 : 昭和26年

一番は趣味は読書。小学校のとき亡父が、山岡荘八の徳川家康全28巻を買っていたのを読み出しそれから歴史小説にはまり、山岡荘八、司馬遼太郎、山崎豊子などを読破。推理小説も好きで、内田康夫、横山秀夫などを読んでいる。変ったところでは、佐藤優などの思想書とか渡辺淳一も愛読している。
次は、旅行で国内は全ての都道府県を行き尽くした。海外では16歳でアメリカ本土に一ヶ月ホームスティしたのを皮切りに、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、ニュージィランド、オーストラリアはそれぞれ数回訪問した。又中国、韓国などの東アジア、タイ、ラオス、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアは数十回訪問している。

ランキング参加中
ブログランキングバナー

住まい夢ネット
住まい夢ネット

FC2カウンター
amazon
QRコード
QRコード